らーめん自由区・東京ラーメンガイド高円寺のラーメン店リスト>角ふじ
昂神 角ふじこうじんかどふじ
【所在地】東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-4-2 【お店の地図】
【電話】03-6565-4545
【定休日】火曜日
【営業時間】11:30-15:00/18:00-23:00
【最寄り駅】
 ○東京メトロ丸の内線 新高円寺駅 徒歩6分
 ○東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅 徒歩7分

【メニュー】
 ○角ふじめん680円、塩らーめん680円、うま節めん700円、うま辛めん750円
 ○中太づけ麺、極太づけ麺680円
 ◆全部のせ300円、バカ豚300円、子豚150円、うま辛ジャン100円、うずら味玉100円、のり100円、大盛100円
 ※ラーメン系の量200g、つけ麺系の量250g。
 ※大盛は+100円。3kgまで増量可能。※初めての場合、最高600gまで。400g以上は残しはなし。
 ※「野菜増しコール(無料)」は自己申告。「ニンニクの有無」は調理中に聞かれる。

【系統】佐貫大勝軒系二郎インスパイアラーメン

外観@角ふじ
【お店について】
 2007年3月オープン。田代浩二氏が運営する「こうじ・ヒューマン・ファクトリー・グループ」の系列店。佐貫大勝軒を皮切りに、茨城県・千葉県・群馬県で系列店を展開している。「角ふじ」の屋号をもち、ラーメン二郎インスパイアのラーメンを提供する店は、明神(みょうじん)角ふじ@つくば、匠神(しょうじん)角ふじ@柏などがあり知られている。

 田代氏自身は、ラーメン二郎での修業経験はないが、○二郎(旧よしぐま)@赤羽に通い、自分なりにインパクトのあるラーメンを作り出せないかと考えたらしい。手がけるお店は、東池袋大勝軒系のラーメンあり、ラーメン二郎風ありと様々だが、「出す店は全て行列店にする」と豪語しているように、勢いを増しおり、このお店が都内初進出となる。

 このお店は、青梅街道沿いの新高円寺駅と南阿佐ヶ谷駅のほぼ中間地点にある。「腹が減ったらうちにこい!」と書かれた赤い庇と垂れ幕が目印。店内はカウンター10席。椅子は小洒落れたデザイン。BGMはJ-Popで音量大きめ。スタッフは2名。秤やキッチンタイマーを使い、仕事は正確に行っている。
角ふじめん
 本日は「角ふじめん」。徐(しず)かなること林の如く、動かざること山の如し。8:2の割合のもやしとキャベツの上に、刻み玉ねぎ、頂上には醤油付けの刻みニンニクが盛られている。まったく麺が見えない。

 まずは、スープを一口。茶色く濁っているが豚骨は強くない。微かに鰹の風味。かえしの甘さ(味醂ではなく砂糖)と背脂の甘味で、醤油風味の甘めのスープ。塩分は抑え目にしてあり、飲みやすい。野菜はシャッキとした食感が残っていて、飽きることはない。よくさらした玉ねぎも、箸休め的な役割を担っている。更に、ニンニク味噌のような醤油漬けを溶かし込むとスープの味に深みが出て美味しくなる。野菜から水分が出てスープが薄まることを防ぐ効果もある。揚げ玉風の背脂が多めに入っている。

 麺は3種類の小麦粉をブレンドした四角い形状の太縮れ麺。ごわごわした感じにも見えたが、食べるとそうでもない。しっかりとしたコシがあり、ムチッとした食感。チャーシューは肉厚でしっとり感のある煮豚が2枚。味付も程よい。肉エキスが出てしまったものを味つけしたタイプと違い、味わいがある。

 量的にはお腹が苦しくならない程度。野菜が大量に食べられるのが嬉しい。ニンニクは入れてもらった方が、断然インパクトが強くなり美味しくなるが、翌朝も匂いが消えることはなかった。

【掲載】2007年3月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区高円寺のラーメン店リスト>角ふじ
inserted by FC2 system