らーめん自由区・東京ラーメンガイド杉並区のラーメン店リスト>萬福本舗
萬福本舗まんぷくほんぽ
【所在地】東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-2-3 【お店の地図】
【電話】03-3392-2892
【定休日】月曜日・祝日・第3火曜日
【営業時間】
11:30-14:00  18:00-23:00
11:30-24:00(土曜日) 11:30-22:00(日曜日)
【最寄り駅】
 ・東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅 徒歩2分
 ・JR中央線 阿佐ヶ谷駅 徒歩8分

【メニュー】
とんこつラーメン600円、にぼしぶた650円、みぞれとんこつ700円 とりねぎ担々800円
味付玉子100円 のり100円 高菜ごはん250円、他

【系統】博多系とんこつラーメン

【お店について】
 2001年9月創業。このお店のご主人は学生時代より阿佐ヶ谷に住み、地元でお店を開業した。丸の内線南阿佐ヶ谷駅を降り、青梅街道沿いに西へ向かう。店名の書かれた木製の看板と白い暖簾が目印。店名は昔からあるような聞き覚えのある名前。東京ラーメンの老舗「萬福@銀座」を想起させる。店内外共に豚骨臭が漂う。店内はカウンター7席とテーブル6席。卓上には、摩り下ろしニンニク、胡椒、擂り胡麻、紅生姜が置かれている。BGMはジャズ。本場博多の味に引けをとらない一杯と従来の九州ラーメンを進化させたオリジナルメニューを提供している。
とんこつラーメン@萬福本舗
 本日は「とんこつラーメン」+味付玉子。ゲンコツ、豚頭、背脂を中心とした動物系の素材を炊いたダシがベース。呼び戻し(前日のスープに新しいスープを継ぎ足す)の手法を取り入れ、味の安定性と、旨みとコクを出している。店内に漂う豚骨臭の割には、独特な匂いは控えめ。豚骨ダシの濃度は超がつくほど濃くはない。野菜なども加え、食べやすい味に調整をしているようだ。油はやや多めだが、コクがあり、飲んだ後はさっぱりとしている。塩分と化学調味料は効きすぎ。麺は、博多直送の極細麺のストレート。加水率低めの博多の麺らしい食感。麺とスープの一体感はある。麺の茹で加減は、硬め、柔らかめと調整できる。チャーシューは直前に炭火で炙られてあるので香ばしい。肉の適度な弾力を残しながら柔らかさもある。味付け玉子は白身には醤油ダレの味がしみこみ、黄身はゼリー状。他の具は、きくらげ、万能ネギ。
 地元密着型のお店として、リピーターも増え、常時賑わっている。近隣には「一歩」というお店もあるが、九州ラーメンらしいラーメン屋さんは少ない。九州の味が恋しくなったらここに来るという人も多いようだ。創業よりオリジナルメニューも少しずつ増え、個人的にはこちらのメニューに魅力を感じる。
【掲載】2006年9月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん・萬福本舗@南阿佐ヶ谷
 本日は「みぞれとんこつ」。このお店独自のメニュー。大根おろし、菜っ葉、ごぼう、鶏のつくね、ゆばがトッピングされている。スープは博多と久留米の中間のような九州豚骨ラーメン。豚頭とゲンコツを骨の髄まで溶かし込んだスープはこってりしているが、雑味がなく、後味がすっきりとした味わい。麺は博多直送の細ストレート。麺の主張もあり、馴染み具合も良い。
 豚骨スープに大根おろしが合うとは意外。独創的で満足のいく一杯。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆ 
らーめん自由区杉並区のラーメン店リスト>萬福本舗
inserted by FC2 system