本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド杉並区のラーメン店リスト>あんくるてい@井荻
あんくるてい(Uncle T's Cabin) 
あんくるてい

【所在地】東京都杉並区下井草5-22-17 ルメゾン1F 【お店の地図】
【電話】03-6913-6770
【定休日】月曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【最寄駅】西武新宿線 井荻駅南口 徒歩2分

【メニュー】
○しなそば700円、肉わんたんそば(4コ入)900円、海老わんたんそば(4コ入)1000円、ニコニコそば(肉2コ・海老2コ)950円
◎つけめん800円
※大盛各+100円
◇チャーシュー1枚60円、ゆで野菜60円、半熟玉子100円、他
◇ごま豆乳カスタム100円、ピリ辛担々カスタム200円
●野菜スープ(めんなし)500円、肉わんたんスープ・6コ入(めんなし)800円、海老わんたんスープ・6コ入(めんなし)950円、サンサンスープ・肉3コ/海老3コ(めんなし)870円
●野菜スープ(半めん入)600円、肉わんたんスープ・6コ入(半めん入)900円、海老わんたんスープ・6コ入(半めん入)1050円、サンサンスープ・肉3コ/海老3コ(半めん入)970円
□肉の焼きわんたん(6コ)330円、海老の焼きわんたん(6コ)480円、サンサン焼きわんたん(肉3コ・海老3コ)400円
□茹で肉わんたん(6コ)330円、茹で海老わんたん(6コ)480円、サンサン茹でわんたん(肉3コ・海老3コ)400円
□皿盛りチャーシュー(6枚)390円、他

【限定メニュー(これまでの)】
冷たいしなそば800円、他。

【系統】しなそば系東京ラーメン

【お店について】
2018年2月20日創業。
店主は、鍵野さん。
1977年創業の浜田山の人気店「たんたん亭」で、16年間スタッフを勤めた後、独立してこの地で開業。
修業先で培ったものを基礎に、独自性が強められるよう日々研究に余念がない。
「NO MSG」を掲げ、MSG不使用のラーメン作りをしている。
「MSG」とは、「グルタミン酸ナトリウム(Monosodium Glutamate)」のこと。
つまり、うま味調味料(化学調味料)のことで、過剰摂取により健康被害が疑われるものは使っていない。
お店のロゴにある「Uncle T's Cabin」は、直訳すると「おじさんTの小屋」という意味。
店名の由来は、鍵野さんの名前のイニシャルが“T”で、偶然にもお店の近くに甥っ子が住んでいるので、文字通り「あんくる“T”(てい)」とした。
あんくるてい@井荻-店舗外観
お店の場所は、井荻駅南口を出て、左(新宿寄り)へ直進。
「西武井荻商店街(PONTE IOGI)」を暫く歩いて、右側にある。
以前、「アジアンダイニングバー チャハナ」があったテナント。
レンガ色のタイルが貼られた外装とダークブラウンの看板が目印。
白い提灯には、お店の看板商品である「しなそば」と「わんたん」という文字が書かれている。

あんくるてい@井荻-店内
店内に入ると、右側に券売機が設置されている。
その横がウェイティングスペースで、椅子が3脚置かれている。
正面の厨房前にカウンター6席、左手の壁に向かったカウンター2席。
テーブル席は、2人掛け×2卓。
総席数12席。

あんくるてい@井荻-店内
厨房には店主さんとサポートの女性1人、そして、ホール担当の女性1人の3名体制。 
BGMは、インストゥルメンタル。

あんくるてい@井荻-卓上
卓上には、爪楊枝、酢・醤油・ラー油・胡椒、塗り箸、ティッシュペーパー、メンマ・ネギ、冷水入りポットが置かれている。

あんくるてい@井荻-メンマとネギ
「好みがありますので」と 、メンマとネギはテーブルに用意されている。
セルフで入れたいだけ入れる方式。
メンマは、「太白ごま油」を使用した自家製ラー油を使って仕上げている。
あんくるてい@井荻-冷たいしなそば
本日は、「冷たいしなそば」
期間限定メニュー。

そうめん鉢(ガラスボウル)は、ヒンヤリ。
角氷が浮かび、レモンの輪切りが添えられて、涼し気なヴィジュアル。

先ずはスープを一口。
油分はほとんどなく、あっさりとした味わいの清湯醤油味。
キリリと冷たくて、酸味と旨味がダイレクトに感じられるスープ

続いて飲むと・・・。
心地良い甘みとレモンの爽やかな酸味が、スーッと口の中に広がる。
魚介などの乾物類の滋味深い味わいが、ジワジワと押し寄せる。
飲んだ後には、生姜の風味も香る。
香味野菜の優しい甘みと魚介出汁の旨み、角のない優しい醤油の味とバランスが良い。
後口も良く、全部飲み干せる優しくスッキリとした味わい。

麺は、「三河屋製麺」製の中細ストレート麺。
角に円みのある四角い断面。
表面のツルツル感もあって、丸い麺に感じる舌触り。
啜るとスルッと口に飛び込む。
しなやかな麺だが、水で締められやや固め。
歯を立てるとプツリプツリと切れる歯触り。
噛むとクチリと潰れ、小麦の風味も弾ける。

具のチャーシューは、モモ肉を使った焼豚で短冊切り。
しっとりとした肉質で、適度な噛み応えを残している。
噛みしめるほどに、味わい深い。
ナルトはモッチリとした食感。
他の具は、ベビースピナッチ(ほうれん草)。

あんくるてい@井荻-サンサン焼きわんたん
「サンサン焼きわんたん(手前/肉3個・奥/海老3個)」

“サンサン”とは、「燦燦」ではなく、肉3コ・海老3コのこと。
因みに、メニューにある“ニコニコ”とは「笑顔」ではなく、肉2コ・海老2コのこと。
肉わんたんと海老わんたんの2種が基本だが、両方を食べたい時には上記のメニューが適している。

肉・海老共に、皮は厚手で表面がカリカリに焼かれている。
このカリ・サクッと感が、小気味よく美味しい。
肉は、親指の第一関節位の餡が入り、肉々しくてジューシー。
海老は、プリッとした食感で美味しい。
通常なら、醤油とラー油で食すところだが、“酢に胡椒”をたっぷり入れたものをつけて食す。
適度な味がついているので、この食べ方が良く合う。

【掲載】2018年8月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
あんくるてい@井荻-店舗外観
「あんくるてい@井荻」の店舗外観。
inserted by FC2 system