本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド豊島区のラーメン店リスト>志奈そば 田なか@大塚
志奈そば 田なか
しなそば たなか
【所在地】東京都豊島区東池袋2-19-2 第2八千代マンション102号室 【お店の地図】
【電話】03-3988-0118
【定休日】日曜
【営業時間】
*11:00-15:00/17:00-22:00
*11:00-15:00(土曜)
【最寄り駅】
*JR山手線 大塚駅南口 徒歩5分
*都電荒川線 向原駅 徒歩3分

【メニュー】
○鯵ニボそば(醤油)750円、得のせ田なか 鯵ニボそば醤油950円
○鯵ニボそば(塩)750円
◎鯵ニボ醤油つけ麺750円、鯵ニボ汐つけ麺750円
◎エビ油そばサラダ仕立て 半熟ドライトマト添え850円、+エビつけ汁150円、
◇味玉・山クラゲ・ネギ・各100円、高級海苔150円、チャーシュー300円
□本日の賄いご飯200円、高級茶漬けの準備250円、黒胡椒豚ご飯(こってり・あっさり)300円
□鯵ニボセット950円(味ニボそば+高級茶漬けの準備or黒胡椒豚ご飯)
□アルコールあり

【曜日限定メニュー】
■月曜日限定・・・【サラリーマンDAY】ライスorまかないごはん無料
■火曜日限定・・・房総RED(勝浦タンタン)800円
■水曜日限定・・・蛤潮そば(蛤のワイン蒸しバジルバターの薫り)900円
■木曜日限定・・・【レディースDAY】プレミアム豆乳プリンサービス(先着50名様・無料)
■金曜日限定・・・重濃鯵ニボそば・重濃鯵ニボつけ麺・各800円

【限定メニュー(これまでの)】
味噌薫るイーハトーブそば、ビーフジャーキー出汁のスパイス冷やし夏そば800円、冷やし鯵ニボそば800円、神山すだち秋刀魚そば〜美桜鶏の塩麹蒸し〜、イカ煮干し冷やしつけ麺900円、あご出汁塩中華そば、特濃あご出汁中華そば、本鰹贅沢一番出汁冷やしそば、鯵ニボ中華そば、牛テール出汁トマト味噌つけ麺、淡麗 鯵ニボグリーン麺、ガツンと鯵ニボHighつけ麺、桜舞う美桜鶏そば、三陸ワカメそば、鯵ニボ味噌そば『春への扉』、ドライエイジング牛筋そば、毛蟹と手羽先白湯クリスマスsoba、プレミアム豆乳の温かいSoy味噌つけ麺、冷しつけ麺TRUTH蒼き侍たち、貝出汁冷しソバ 、コタマ貝と鯛干しの菜畑吹き抜ける春塩そば、鯵ニボ油まじぇまじぇそば、太東地タコの冷たいジェノベーゼ、他

【系統】創作系東京ラーメン

【お店について】
2013年4月20日創業。
店主は、田中友樹さん。

田中さんは高校卒業後、イタリアンレストラン2年間、千葉県の創作料理店2年間と渡り歩き、その後ラーメン業界に入る。
約6年間修業したラーメン店は「俺の空」、「牙」、「増田家」などで、千葉県を拠点とするグループ「らぁ麺三軒屋」では総料理長を務めた。
そして、独立。

「毎日飽きずにヘルシーなラーメンを!」が、コンセプト。
屋号にある「志奈」というのは、2人のお子さんの名前の頭文字を合わせたもの。

志奈そば 田なか@大塚-店舗外観
JR大塚駅南口から、右方向(線路沿い)を直進し、「空蝉橋南交差点」の信号を渡る。
左手に進み、1本目の道を右折して直進し、暫く歩いた右側。
茶色の看板が目印。

志奈そば 田なか@大塚-店舗外観
店頭には、ウェイティングスペースがあり、丸椅子が5脚並べてある。

志奈そば 田なか@大塚-店内
店内に入り、左手に券売機がある。
カウンター席上部の壁には、訪れた有名人等の色紙が飾られている。

志奈そば 田なか@大塚-店内
店内は、ダークブラウンとホワイトを基調とした和風モダンでスタイリッシュ。
カウンター10席。

志奈そば 田なか@大塚-店内
厨房内で調理をするコックコート姿の店主とアシスタント2名、ホール担当のスタッフ1名の計4人で切り盛りをしている。

卓上には、洗い箸、紙ナプキン、胡椒入りのミル、七味唐辛子などが置かれている。
志奈そば 田なか@大塚-得のせ田なか
本日は「得のせ田なか 鯵ニボそば醤油」
「鯵ニボそば」とは、『海藻の周りを鯵と鰯が泳ぎ回っているのをイメージした』という一杯。
「得のせ」とは、デフォルトの具に、味玉・のり3枚・チャーシュー2枚を増量したメニュー。
同額サービスなので、麺増し(210g)に。

スープは動物素材を一切使わず、魚介のみ。
九十九里の鯵干し、片口・白口イワシの2種の煮干を使用。
その他、真昆布・日高昆布・羅臼昆布も使用している。
ごく弱火で8時間、じっくり煮込んで抽出した魚介出汁。
そこに、根昆布や葛粉でとろみをつけている。

スープ表面には、鯵と鰯、生姜などから作った香味油が浮かぶ。
先ずは、スープを一口。
餡かけよりもゆるりと柔らかなとろみのあるスープ。
とろみの中に魚介風味を閉じ込め、魚介ならではのスッキリ感を演出。
同時に、動物系素材不使用ながらも、とろみで重量感をもたせている。

続いて飲むと・・・。
エグミも苦味もない塩分控えめなスープ。
鯵の煮干しが上品に香る優しい味わい。
三つ葉の香味と一味のピリ辛がさりげなく効いていて、効果的。
徐々に広がる柚子皮の爽やかな香りが、最後まで楽しませてくれる。

麺は、中加水の平打ちのストレート細麺。
店主の妻の実家が経営する「フジキン光来」製の特注麺。
デュアルセモリナ粉をブレンドしたもの。
とろみのあるスープがよく絡み、喉越しが良い。
歯切れが良く、シコシコとした食感。
噛むたびに小麦の甘みも出て、心地よさを覚える。

具のチャーシューは、豚肩ロース肉。
醤油ベースのタレに漬け、低温でじっくり煮込んだもの。
厚切りで、箸でつかむとホロホロと崩れる。
柔らかく、肉の旨みが引き出されている。

味玉は、黄身まで味が染み込み、トロリとした半熟具合。
山クラゲは、コリコリとした食感が楽しめる。
海苔は大判。
他の具は、三つ葉、大葉、柚子、白髪ネギ。

【掲載】2015年10月 【行列】3人 【らーめんの王様】★★★★★
inserted by FC2 system