らーめん自由区・東京ラーメンガイド東京のラーメン店の系統・系列>人形町大勝軒系
人形町大勝軒系
人形町大勝軒系-東京ラーメン

人形町大勝軒系とは
 1912年(明治45年・大正元年)創業の「大勝軒@人形町」は、3系統の中では創業が最古であるが、1988年(昭和63年)に5代目が業態を変え、「珈琲大勝軒」という喫茶店になった。
 中華料理店の草分けで、暖簾分けは10店舗以上ある。「中華料理 大勝軒」と「中国料理 大勝軒」という呼称のお店が多い。
 大勝軒という名称は、1905年(明治38年)に終結した日露戦争で、日本が大勝したことから名付けたものと言われている。

 現在、同じく人形町にあるお店「中華料理 大勝軒」は、26年間チーフで厨房に立っていた人が1987年(昭和62年)に独立して開いたお店。
 鶏ガラと野菜をベースにした東京ラーメン。

ラーメンの特徴
 ◎スープ…鶏ガラあっさり醤油味
 ◎…(極)細の縮れ麺、自家製麺のお店が多い。
 ◎…ふちが赤い焼豚、小口切りのネギ、メンマ、(店によって)絹さや、ワカメ、もやしが加わる。

代表的な店
人形町大勝軒系
系列店一覧(暖簾分けされたお店から派生したお店も含む)
店名(最寄り駅) 創業年 所在地
大勝軒(人形町)
業態変更-珈琲大勝軒
(休業中)
1912年(明治45年・大正元年) 東京都中央区日本橋人形町2-22-4
大勝軒(茅場町) 1914年(大正3年) 東京都中央区日本橋新川1-3-4
大勝軒(馬喰横山) 1924年(大正13年) 東京都中央区日本橋横山町8-12
大勝軒(日本橋本町) 1933年(昭和8年) 東京都中央区日本橋本町1-3-3
大勝軒(浅草橋) 1946年(昭和21年) 東京都台東区浅草橋2-28-10
大勝軒(人形町) 1987年(昭和62年) 東京都中央区日本橋人形町3-1-9
人形町大勝軒との関係が確認できないお店or無関係のお店
大勝軒(清澄白河) 東京都江東区三好3-6-2
大勝軒(京成小岩) 東京都江戸川区北小岩2-3-6
大勝軒(石神井公園) 東京都練馬区石神井町3-1-4
大勝軒(妙典) 千葉県市川市塩焼4-8-31
大勝軒(上溝) 神奈川県相模原市2-11
らーめん自由区東京のラーメン店の系統・系列>人形町大勝軒系
inserted by FC2 system