らーめん自由区・東京ラーメンガイド港区のラーメン店リスト>かおたんラーメンえんとつ屋@乃木坂
かおたんラーメンえんとつ屋かおたんらーめんえんとつや
【所在地】東京都港区南青山2-34-30 【お店の地図】
【電話】03-3475-6337
【定休日】日曜
【営業時間】
 12:00-翌4:30L.O.
【最寄駅】
 ○東京メトロ千代田線 乃木坂駅 徒歩5分
 ○東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅 徒歩10分
【昼メニュー】
 ○ラーメン700円、チャーシューメン900円、雲呑メン900円、角煮野菜ラーメン1050円
 ○塩ラーメン700円、五目ラーメン900円
 ○味噌ラーメン900円、担々麺900円、他
 ◇味付け玉子・もやし・コーン・メンマ各100円、あおさ150円、ワンタン200円、チャーシュー250円、他
 □セット(各種ラーメン+ボイル野菜・半ライス・おしんこ)ラーメンの値段+250円
 □おつまみ:軟骨500円、仔袋500円、特製餃子600円、他
 ※ランチタイム(11:30-15:00):麺大盛or半ライスをサービス

【期間限定メニュー(これまでの)】
 つけ麺950円、他

【系統】薬膳系台湾ラーメン

かおたんラーメン-店舗外観 かおたんラーメン-店内
【お店について】
 1985年3月2日創業。西麻布から、地下鉄乃木坂駅に抜ける通り沿いにある。東京ミッドタウンや国立新美術館から歩いて近いが、六本木の喧騒から離れた静かな場所に位置する。背後には青山霊園の豊かな緑がある。お店は、バラック風のバナキュラー(土着的な建造物)と言った感じで、異質ではあるが周囲とは同化している。
 店名にも付いているように、屋根には「煙突」が4つ突き出ている。これが目印。

 店内は、配線がむき出しの天井、合板を張った壁など手作り感のある内装。相席必然のテーブル22席。つまみメニューもあり、アルコール類も取り揃えている。営業時間が長いので、六本木で深夜まで働いた人たちが立ち寄ったり、終電に乗り遅れた人が利用したりすることが多い。

 お店の謳い文句は、中国福建省に伝わる秘伝の「高湯スープ」をアレンジしたラーメン。漢方薬にもなる真菰(まこも)を加えたもの。香味油には、台湾から輸入した赤玉葱を揚げたものを使い、味玉は二黄卵(双子卵)のものを使っている。
かおたんラーメン-担々麺
 本日は「担々麺」。店に入るまでは、看板メニューと心に決めていたが、体の欲求は刺激のある担々麺。
 豚・鶏ガラベースに、漢方薬にもなる植物を加えた薬膳スープ。ラー油による辛味は適度。胡麻の風味も適度。担々麺の特性のためか、漢方薬による独特の風味や滋味深さ、繊細な味わいはあまり伝わってこない。甘み、辛味のバランスは良く美味しいスープ。
 麺は「丸山製麺」製の中細縮れ麺。最初は主張が弱く、ボソボソとした食感。時間が経つと馴染み具合が良くなり、スープとの一体感も出る。量は少なめ。
 具は、挽肉、ザーサイ、ほうれん草、ねぎ。
 まとまりがあって美味しい一杯。最も味わい深いのはお店の造り。
【掲載】2008年12月 【行列】0人  【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区港区のラーメン店リスト>かおたんラーメンえんとつ屋@乃木坂
inserted by FC2 system