らーめん自由区・東京ラーメンガイド渋谷区のラーメン店リスト>風雲児@新宿
風雲児 ふううんじ
【所在地】東京都渋谷区代々木2-14-3 北斗第一ビル 【お店の地図】
【電話】03-6413-8480
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】1100-15:00/17:00-21:00
【最寄駅】
 ○都営新宿線 新宿駅8番出口 徒歩1分
 ○京王新線6番出口 新宿駅 徒歩3分

【メニュー】
 ○らーめん700円、得製900円
 ○つけめん750円、得製つけめん950円
 ○かまたまーめん800円(17時より、限定15食)
 ◇味付玉子・のり・メンマ・ねぎ・各100円、チャーシュー200円、おつまみセット400円

【系統】鶏白湯系東京ラーメン

風雲児@新宿-店舗外観 風雲児@新宿-店内
【お店について】
 2007年9月7日創業。幕末の風雲児、高杉晋作や坂本竜馬を想起させる店名。「ラーメン界に風雲を巻き起こす」と気負うご主人は、イタリアン出身。「麺や七彩@都立家政」の2人の店主とは、イタリアン時代に同じ店で働いていたことがある。
 鶏と魚介の「らーめん」と濃厚つけ汁が自慢の「つけめん」の二枚看板で勝負する。

 このお店は、文化女子大・文化服装学院近くの甲州街道から少し入った場所にある。黒地に白で書かれた店名の電飾の看板が目印。
 入口を入って右側に券売機がある。ブラウンを基調とした店内。カウンター15席で、ゆとりがあり、落ち着いた雰囲気。壁には、店主出身の四国三大祭の一つに数えられる愛媛県の「新浜太鼓祭り」の写真が貼られている。
 厨房にいるスタッフは男性2名とホール担当の女性1名。白と黒のユニフォームが、イタリアンのシェフ風。パスタ用の四角いテポもそれらしい。BGMは洋楽。
 麺の大盛が、並盛と同額のサービス。
風雲児-かまたまーめん
 本日は「かまたまーめん」。讃岐うどんの「釜玉うどん」をヒントにしたメニュー。
 食べ方として…。
 「最初は、そのまま混ぜて食べる」、「途中で、酢橘(すだち)を絞り、好みで七味をかけて食べる」、「半分食べたところで、スープを入れて食べる」

 麺はあつもりと同じ要領。茹でて、水で締めて、また温める。
 麺はストレートの太麺。柔らかめに茹でられ、ムチッとした歯ざわり。最初に卵の甘みとまろやかさが口の中に広がる。
 味付けは薄めで、優しい味わい。酢橘をかけると清涼感、生姜を入れるとスッキリとした味わいに変化する。半分食べたところで、割りスープを入れる。
 鶏白湯と魚介のスープは、入れることにより劇的な変化はないが、汁麺として楽しめる。

 チャーシューは、表面がカリカリになるまでバーナーで炙ってある。サクッとした歯ざわりと、噛むと脂が溶けるジューシーな味わい。メンマは、シャキシャキとした食感。塩分控えめで、あっさりとした味わい。

 既に「合え麺」というジャンルが確立され、色々なお店で商品化されている。その分、大きなサプライズはないが、清新さは感じる。得意なカルボナーラではなく、釜玉うどんに着眼したところが面白い。
【掲載】2008年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
風雲児-らーめん
 本日は「らーめん」。国産の鶏のみで摂った白湯スープ。それに瀬戸内海で獲れた鰹、鯖、ウルメイワシなどの魚介ダシを合わせたもの。表面に浮かぶ油は、ラードに海老の風味を移したエビ油。

 鶏を濃厚に白濁させているので、一瞬、背脂豚骨醤油かと思わせる色合い。香味油の香ばしさが鼻腔をすり抜ける。スープを一口飲んだ時に先行する塩気、化学調味料の軽いピリピリ感を舌に感じるものの、味の輪郭は明確でわかりやすい。ドロリとしているが、しつこさはなく飲みやすい。一般に広く受け入れられる味ではなかろうか。

 麺は、「大成食品」製の中太縮れ麺。約170g。柔らかめの茹で加減で、外はプルルン、中はモッチリとした食感。噛み応えや風味という点ではやや主張が弱い。
 具のチャーシューは、小ぶりで薄切りのため印象が薄い。細切りのメンマは、味付は程好くシャキシャキとした食感。他の具は、万能ねぎと海苔。
【掲載】2008年4月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区渋谷区のラーメン店リスト>風雲児@新宿
inserted by FC2 system