らーめん自由区|東京ラーメンガイド新宿区のラーメン店リスト>ラーメン凪 煮干王@西新宿
ラーメン凪 煮干王 西新宿店
らーめん なぎ にぼしおう にししんじゅくてん
【所在地】東京都新宿区西新宿7-13-7 大森ビル1F 【お店の地図】
【電話】03-3365-0296
【定休日】年中無休
【営業時間】
○11:00-23:00〈L.O.〉・・・(月〜土)
○11:00-21:00〈L.O.〉・・・(日・祝)
【最寄駅】
○東京メトロ丸の内線 西新宿駅(1番出口) 徒歩3分
○都営大江戸線 新宿西口駅(D5出口) 徒歩5分
○JR他 新宿駅西口 徒歩7分

【メニュー】
○煮干ラーメン750円、味玉煮干ラーメン850円、特製煮干ラーメン1050円
○塩煮干ラーメン800円、味玉塩煮干ラーメン900円、特製塩煮干ラーメン1100円
○鶏らあめん700円、特製鶏らあめん900円
◎つけ麺800円、味玉つけ麺900円、特製つけ麺1000円、角煮つけ麺1100円
◎煮干油そば800円(夜限定)
◇玉子・メンマ・ネギ・玉ねぎ・海苔各100円、肉増し×3枚250円
□肉ごはん150円、自家製餃子400円、おつまみ3点盛り・チャーシュー盛り・麺の刺身各500円(夜のみ)、他

【限定(これまでの)】
鬼脂味噌オオオツツツ1000円、オックステール塩ラーメン1000円、他。

【系統】煮干し中華そば系東京ラーメン

【お店について】
2009年10月10日、「特級煮干しそば 凪」という屋号でオープン。
2009年11月30日、小火(ぼや)を出したため休業。
2010年07月10日、「特級中華そば 凪」という屋号で、リニューアルオープン。
2010年12月13日、一部メニューの変更。
2012年06月01日、「ラーメン凪 煮干王」という屋号で、リニューアルオープン。

「株式会社 凪スピリッツ」が運営するお店。
代表取締役は生田智志さん。

「ラーメン凪 煮干王 西新宿店」の他、「ラーメン凪 豚王 渋谷店」、「ラーメン凪 豚王 大宮店」、「ラーメン凪 新宿煮干 新宿ゴールデン街店」、「ラーメン凪 煮干王 渋谷店」、「ラーメン凪 炎のつけめん 西新宿2F」などの系列店がある。
海外では、インドネシア、香港、台湾などで店舗を展開中。


東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」の1番出口を出て、青梅街道をJR新宿駅方面へ直進。
新宿警察署の一つ先を左へ曲がって直進。
赤い看板と提灯が目印。

店舗2階は、つけ麺専門の「ラーメン凪 炎のつけめん@西新宿(新宿区)」。


店内に入り右側に、券売機が置かれている。
照明を落とした落ち着いた雰囲気。
カウンター12席。
手前に3席、従業員用の出入り口の横に6席、その奥の窪みに3席。
座席の後方は狭い。


卓上には、竹箸、レンゲ、爪楊枝、醤油、酢、ミル付きの胡椒などが置かれている。
厨房では、男女2名のスタッフで切り盛り。
BGMは洋楽。

カウンター上部の棚には、ティッシュボックスとコップ、冷水のサーバーが設置されている。
レバーを押すとホースから水が出る仕組み。
狭い空間を上手く利用した仕様。

本日は「煮干ラーメン」

アルマイトの受け皿に載せられて差し出される。
この受け皿は昔の給食で使われていたようなもので、年季の入ったもの。
磨きこまれてはいるが、見た感じは良くない。
丼鉢は、ラーメンの丼鉢の中ではかなり小さい方。

小ぶりの丼鉢にタップリと注がれたスープ。
顔を近づけると、同時に煮干しの香りが鼻をくすぐる。
スープ表面には、キラキラと光る煮干しの粉。

まずは一口。
トロッとした豚骨系スープに、濃いめのカエシの醤油味。
煮干しのエグミや苦味が、ダイレクトに伝わってくる。

食べ進むと、突出した部分は薄れていき、醤油ダレの甘みと煮干し出汁の旨味を感じさせる。

麺は中太の縮れ麺。
長さは短め。
茹で加減は柔らかめだが、芯の部分がしっかりとしていてコシがある。
もう一つの麺「一反もめん」は、幅広でチュルンとした滑らかな舌触りが心地良く、モチモチとした食感でウマい。

具のチャーシューは、豚のバラ肉。
脂身はやや多めで、噛むとジューシー。
粗微塵のネギは、濃いめのスープには良く合う。
メンマは柔らかく、シャクシャクとした食感。
他の具は海苔。

【掲載】2013年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆

らーめん自由区新宿区のラーメン店リスト>ラーメン凪 煮干王@西新宿
inserted by FC2 system