らーめん自由区・東京ラーメンガイド杉並区のラーメン店リスト>ラーメン・ナムチャイ@西荻窪
ナムチャイ・閉店
【所在地】東京都杉並区松庵2-9-3
【電話】050-3712-4881
【定休日】月曜日
【営業時間】11:30-15:00 18:00-22:00
【最寄り駅】
○井の頭線 三鷹台駅 徒歩11分
○JR中央線・総武線 西荻窪駅徒歩13分

【メニュー】
カオソーイ900円 カオソーイセット(タイ式カレー麺(麺は半分)+雑炊)1100円※「辛肉味噌」、「温野菜のせ」、「ねぎ玉」から選ぶ。
ラーメン500円 もやしラーメン600円 野菜ラーメン750円 味噌野菜ラーメン750円 チャーシューメン800円
つけ麺600円 半熟味付け玉子+100円 ギョウザ3個200円・3個300円
半チャーハンセット・ラーメン各種+200円 満腹セット(ラーメン・ギョウザ3個・半チャーハン)850円他

【系統】創作系エスニック&和風中華そば

【お店について】
 2005年10月創業。「らーめん惣次郎」の跡地に出来たお店。このお店のご主人は、タイ・チェンマイのレストランで「カオソーイ」の味を学び、帰国後、ラーメン店を始めた。当初はラーメンを中心としていたが、2006年4月から、「カオソーイ」を提供するようになった。屋号の「ナムチャイ」とは、タイ語で「慈悲、思いやり」という意味。
 「カオソーイ(KHAO SOI)」は、タイ北部・チェンマイで広く親しまれている麺料理。元々、チェンマイにあった料理ではなく、ビルマ(現ミャンマー)から伝わったという説と、中国雲南省の少数民族ホー族が伝えたとする二つの説がある。簡単に言えば、タイカレー風味のスープ麺といったところ。カオはお米のこと。ソーイは細く切るという意味。
 このお店は、最寄り駅の三鷹台・西荻窪からは少し離れた井の頭通り沿いにある。ラーメンの幟がたくさん立っているのが目印。2階建ての民家の1階部分にあり、手製の黄色い暖簾に「ラーメン○荻」の文字が書かれている。「ナムチャイ」とは表示されていない。外装は店主自らペンキをぬり直した感じ。内装はアジアンテーストの装飾が施され、アンティークな家具、小物が置かれ、タイランドの雰囲気を醸し出している。客席はカウンター7席。厨房とカウンターの仕切りは葦ずが垂れ下がり、スタッフの顔が見えないようになっている。

 ※2008年三鷹台に移転。ナムチャイ@三鷹台
カオソーイ@ナムチャイ
 本日は「カオソーイ」。その一般的な作り方は、鍋に油を引いてニンニク、レッドカレーペースト、チリインオイル(ナムプリック・パオ)を入れ、鶏肉を炒める。それに鶏ガラベースのスープに、レモングラス等の香辛料、ナンプラーを入れて味を調整。最後の工程でココナッツミルクを入れるというもの。スープはドロッとしていて粘度が高い。ココナッツミルクの味が強く、辛さは控えめ、甘さは強め。薬味は別皿でホムデン(赤玉ねぎ)、バッカードン(タイの高菜の漬物)、レモン(現地ではマナーオ=ライム)がつき、それらを投入する。しつこくなりがちのスープを和らげ、アクセントにもなっている。辛味、甘み、酸味の調和が取れた摩訶不思議な味わい。引き込まれるような美味しさと魅力がある。タイ料理の味付は元々メリハリがある。その特徴が出ている。麺は幅広の平打ち麺。具に揚げ麺が載っている。相反する食感が融合し面白い。他の具は、骨付きのモモ肉2ピースと万能ネギ。野菜類は無農薬のオーガニックなものを使用している。
 都内のタイ料理店は増えつつも、「カオソーイ」が食べられるお店は殆どない。馴染みがないメニューであり、希少価値とも言える。ラーメンのカテゴリーに入るかと言えば微妙だが、創作麺として位置づけることもできる。
【掲載】2006年11月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
らーめん自由区杉並区のラーメン店リスト>ラーメン・ナムチャイ@荻窪
inserted by FC2 system