本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド豊島区のラーメン店リスト>松葉@落合南長崎
中華料理 松葉
ちゅうかりょうり まつば
【所在地】東京都豊島区南長崎3-4-11 【お店の地図】
【電話】03-3951-8394
【定休日】なし
【営業時間】11:00-15:00/16:00-21:00
【最寄り駅】
○都営大江戸線 落合南長崎駅A1口 徒歩7分
○西武池袋線 椎名町駅 徒歩10分

【メニュー】
○ラーメン500円、ワンタンメン600円、チャーシュー麺800円
○味噌ラーメン600円
○タン麺600円、五目そば800円
◎つけ麺600円、チャーシューつけ麺800円
□ソース焼きそば500円、肉入りソース焼きそば680円、香港焼きそば700円
□炒飯600円、トキワ荘ラーメンライス700円、野菜炒め定食700円、トマト玉子炒め定食700円、ニラレバ炒め定食700円、焼肉定食700円、鳥唐から揚げ定食700円、中華丼800円、焼肉定食800円、酢豚定食800円、他
□焼売400円、春巻400円、焼餃子400円
△チューダー(焼酎+サイダー)350円、他

【系統】中華料理系東京ラーメン

【お店について】
1950年(昭和25年)頃創業。
多くの漫画家を輩出した伝説のアパート「トキワ荘」跡地のすぐ近くにあるお店。

トキワ荘は、1952〜1982年にかけて存在したアパートで、手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、鈴木伸一、森安なおや、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、水野英子等の漫画家が居住していた。

その「トキワ荘」から1分足らずの距離にあり、若き漫画家たちの胃袋を支えた伝説のお店が「中華料理 松葉」。
漫画家・藤子不二雄作品によく登場する゛ラーメン大好き小池さん”が食べているラーメンのモデルとなったお店。
因みに、小池さんのモデルは、鈴木伸一さん。

松葉@落合南長崎-店舗外観
「落合南長崎駅A1出口」から目白通りを山の手通りに進み、「二又交番」のところを左折。
「南長崎ニコニコ商店街」を200m位進んだ先の左手にある。
黄色の庇と赤い暖簾が目印。
店頭には、「まんが道(藤子不二雄A原作)」に登場する『松葉』のページが貼られている。

松葉@落合南長崎-店内
店内は、総席数22席(カウンター2席+5人掛けテーブル×2卓+4人掛けテーブル×2卓+小上がり2人掛けテーブル×1卓)。

松葉@落合南長崎-店内
テーブルにはメニューがなく、カウンター上部に短冊メニューがぶら下がっている。
昔からよくあるスタイル。

松葉@落合南長崎-店内
壁には、トキワ荘メンバーのサインの寄せ書きを始め、藤子不二雄、ゆでたまごなど著名な漫画家たちの色紙がずらっと飾られている。

店主は、2代目の山本一廣さん。
現在は病気療養中の店主に代わり、妻の麗華さん(中国福建省出身)が、1人で切り盛りをしている。
創業当初は、ラーメン一杯が40円。

【お薦めの立ち寄り処】
@「トキワ荘跡地(現在-日本加除出版の新館社屋)」+当時の建物をかたどったモニュメント。
A「豊島区トキワ荘通りお休み処」-休憩・案内施設。
B「豊島区立花咲公園」-記念碑。
C「紫雲荘」-赤塚不二夫がトキワ荘だけでは手狭になったので借りたアパート。
D「新宿区立佐伯祐三アトリエ記念館」、「新宿区立中村彜アトリエ記念館」。
松葉@落合南長崎-ワンタンメン
本日は「ワンタンメン」

差し出されたラーメンは、湯気が立ち、熱々。
スープは透明感のある清湯。

先ずは、スープを一口。
あっさりとしていて、優しい味の鶏ガラの醤油ベース。
デフォルトで、しっかりと胡椒が効いている。
懐かしさのこみ上げる馴染み深い味わい。

続いて飲むと・・・。
ほんのり煮干しが香り、薄めの鶏ガラ醤油の味わい。
素朴で飾らないところがイイ。
脂が少ないので、最後の一滴まで飲んでも胃に負担がかからない。

麺は中太のストレート麺。
しなやかで、スルスルと啜り心地が良い。
コシがあり、小麦の香りも感じられる。
量も多く、食べ応えもある。

具のチャーシューは、肉厚で噛み応えを残したソフトな肉質。
味付も程良く、美味しい。

ワンタンは、皮がピロピロとしていて、餡はビー玉大。
6個入っていて、楽しめる。

メンマは、甘味のある味付けで柔らかくシャクシャクとした食感。
玉子は、味付けのない固ゆでのもの。
他の具は、多めに入ったワカメと小口切りのネギ。

最後の一滴まで飲んで、「ンマ〜イ!」。
聖地巡礼の際は、また立ち寄りたいお店。

【掲載】2015年10月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

ラーメン【2015年7月】(1)
inserted by FC2 system