らーめん自由区・東京ラーメンガイドラーメンの食べ方>「色々な人の食べ方と作法」編
ラーメンの食べ方|「色々な人の食べ方と作法」編
 らーめんの食べ方ってあるの?基本的にはないと思います。作り手に失礼にならないように食べるマナーというものはあると思いますが、好きな順番で好きなように食べれば良いのです。ここで述べるのは、我流の食べ方や作法です。

※引用した文章は、読みやすいように、一部加除修正している場合もありますのでご了承下さい。
「A氏(ラーメニスト)流作法」編
■差し出されたどんぶり鉢の全容をとっくりと鑑賞する。全体の盛り付けは良いか、具は何か、数量はどうか…などをしっかり見定めます。

■コショウを数箇所にサッサッと軽く振りかけます。この際、ふたが緩んでいないか、穴が詰まっていないかを要確認。ドバッっと出てしまうことも稀にあります。

■箸を取り、口にくわえて、パッキンと割ります。

■箸の先で具をチョンチョンと突っついて、具をスープに馴染ませます。

■麺が取り出しやすいように、具を再配置します。

■適量の麺を摘まんで口に運びます。この際、スープは高温なので火傷しないようにしましょう。麺を持ち上げて、フゥーフゥーと冷ましながら食べます。

■スープの味は、麺から関節的に味わいます。

■麺の合い間に具を楽しみながら食べ続け、頃合を見計らって直接スープをすすります。

■更に麺を食べ、具を食べ続け、その間にスープをタイミングよくすすります。

■麺を食べ終わったら、お腹が満たされるまで残りのスープを飲みます。

■最後に、丼の底に残った麺をすくい上げて食べたら終わりです。
「O氏(ラーメニスト)流作法」編
■初めて訪れたお店では、基本メニューを頼みましょう。

■出てきたラーメンは、かき混ぜる前にスープを飲んで味わいましょう。

■次に麺をかき混ぜて、再度スープを飲みましょう。(湯切りがあまい場合、タレが沈んでいる場合があります)

■初回はできるだけ調味料を使わず、お店で出されたものを味わいましょう。

■スープは気分に任せて飲む。美味しかったら、無意識に最後まで飲んでしまうものです。通常は、半分ぐらい飲めばいいのではないのでしょうか。

■具は単独で食べてみて、味付けを確認。

■スープの絡みの良い麺の場合は、ズルズルと食べましょう。絡みの悪い麺の場合は、レンゲを片手に麺とスープを交互に…、というのが良いようです。
「K氏(ラーメニスト)流作法」編
■店内に入り、座る位置を即座に決める。

■卓上または壁に貼られたメニューを見て、もたつかずにオーダーをする。初めての店では、一番安い(右端が多い)ラーメンを注文する。

■大盛りは避ける。(並盛りと比べ、味の濃さや麺の柔らかさが違うこともある)

■待っている間は、店の中、厨房の中をじっくり観察する。但し、キョロキョロせず、さり気なく見る。

■漫画や雑誌を読みながら待たない。自分の食べるラーメンができる工程を見ると楽しくなる。

■待っている間に水をガブガブ飲まない。胃液が薄まる。

■ラーメンが出てきたら、割り箸を割りながらじっくりラーメンを観察する。スープの色、香り、具の種類、麺の形状をチェック。

■スープを一口すすり、その味を舌の上で丹念にチェックする。コショウや調味料は最初には入れない。スープを一口味わった後に入れる。

■次に麺を持ち上げる。途中で噛み切らず、一口で食べられるくらいの麺を箸でつかみ、口に運びズルズルと音を立ててすすります。ここで味や茹で加減、コシ、スープとの絡み、相性をチェックする。

■それから、チャーシューを始めとする具を食べる。具は、麺とスープの合い間に時々食べるようにする。麺とスープの箸休めとして、味と歯ざわりを十分に楽しみながら味わう。

■後は、ひたすら食べるのみ。スープ・麺・具が三位一体ではじめてラーメンなので、バランスよく食べるようにする。

■食べるのに時間をかけ過ぎないようにする。食べ終わるまでの時間も計算に入れて作られているので、ゆっくり食べるとせっかくのラーメンの味が落ちることになる。

■最後に残ったスープを飲む。美味しかったら、丹精込めて作ってくれたスープなので全部飲み干す。但し、血圧の高い人は要注意。また、丼鉢の底には澱(おり)や具の残骸、コショウなどが沈んでいることがあるので、1〜2mm残すことが必要な場合もある。

■食べ終わったら、「ふ〜」と一息ついて店を出る。長居は無用。

■最後に、食券制のお店でない場合は勘定を払って店を出る。「お愛想」とは、本来店側が客に対して使う言葉で、客が使うと大変失礼になる。正しくは、「お勘定」、または、「おいくらですか」と言う。

■店を出る時は、戸をサッと閉めて出る。出た後、完全に閉めたかを確認する。満足した時は「美味しかったです」の声を忘れずに。
「M氏(タレント)流作法」編
「あなたを待っていました」と出会いに多謝…ラーメンを受け取る瞬間、口の端からこぼれ出してしまう笑み、はやる気持ちをグッとこらえ、出会えたことに感謝の気持ちを込めて手を差し出そう。

箸は野性味たっぷりに口で割るべし…一旦緩んでしまった口元を締め直し、箸を袋から出して「シャッ、バキッ!」とテンポよく。店主への己のラーメンに対する意気込みをアピールしよう。

ファーストスープは、ファーストキッスの口元で…まずはスープから。やや遠めで、かく恍惚の表情で芳しい香りに酔いしれつつ、チューッ、ゴックン。ただし、レモン味ではないことだけは確実。

一口でもこの量!?と隣のギャルも釘付けの量の麺を…ラーメンとの軽い抱擁後、ここからは火急的速やかに。麺はガッツリ、キャッチ。火傷を恐れていては、ラーメンの個性に出会うことはない。

ガァッッバァ〜と、3ズルズルッ…「これでもか」位の麺を、ズズズーッと派手にいくのが宮地流の定義。“眉間にしわ寄せ”は必須事項だ。ダイナミック3口以内で収めよう。

チャーシューは愛でるように、口の中へリリース…今まで突っ走ってきたが、ここで一息。トッピングタイム。スープを染みこませるため、あらかじめ麺の下に保管しておけば、さらにジュ〜スィ〜。

スープは完飲。「ラーメンの恩返し」を恐れるな…「ラーメンの汁を飲みきると、次の日は目が腫れてしまう」というM氏。これを「ラーメンの恩返し」と言う。しかし、コレを恐れず果敢に挑むのが美学。

「ごっそーさん、またくるよ〜」と渋〜く…決して「ごちそうさまでした」と手を合わせてはいけない。給食ではあるまいし。「あまりの旨さにホトホト参りました」と背中で語れるようになろう。
「O氏(アジア麺研究家)流作法」編
■さり気なく店に入り、瞬時に店内を観察。素早く席を決める。

■間合い良く、キチッと注文をする。(作り手の仕事中は注文しない。聞かれてもたもたしない。店特有の表示やシステムについては、核心を突いた質問をする)。

■作り手の麺さばきや、タレ、スープの調合のリズムを観察する。

■トッピングは、麺を食べ終わる頃ちょうど良くなるように加減する。

■7,8分以内に食べ終わる(時間が経てば麺は伸び、スープの温度が下がって生臭さが鼻につくようになる)。

■最後にスープを全部飲み干す。

■食べ終わったら箸を置き、一息ついて席を立つ(水のおかわり、余計なおしゃべりはしない)。
ラーメンの食べ方|「映画『タンポポ@伊丹十三監督』流作法」編

ラーメンの食べ方|「林家木久翁(木久蔵)流作法」編

つけ麺の食べ方

博多ラーメンの食べ方
らーめん自由区ラーメンの食べ方>「色々な人の食べ方と作法」編
inserted by FC2 system