らーめん自由区・東京ラーメンガイド豊島区のラーメン店リスト>梅もと@池袋
梅もと 池袋店・閉店-移転
うめもと いけぶくろてん
移転先>うめもと@池袋(豊島区)
【所在地】東京都豊島区南池袋2-12-5 第三中野ビル1F 【お店の地図】
【電話】03-3971-3858
【定休日】無休
【営業時間】
○11:00-22:00
○11:00-21:00(日・祝日)
【最寄り駅】
○JR山手線・西武池袋線他 池袋駅 徒歩7分

【メニュー】
○支那そば800円、浜塩めん800円、みそらーめん800円、にんにくらーめん800円、ねぎらーめん800円、めんまらーめん800円、ねぎ豚らーめん850円
◎つけめん全品700円(※)-小盛(1玉・150g)・中盛(1.5玉/225g)・大盛(2玉/300g)・地球盛(3玉/450g)・銀河盛(4玉/600g)・宇宙盛(5玉/750g)・ビッグバーン(7玉/1050g)・ブラックホール盛(10玉/1500g)・流星盛(20玉/3000g)・クレーター盛(25玉/3750g)
◎ダブルスつけめん(しょうゆだれ+みそだれ)850円、特製つけめん1050円
◇麺の大盛・味玉・ねぎ・のり・ごま各100円、めんま150円、煮豚300円、他
□水餃子250円、焼餃子400円、梅もと煮豚丼300円、他
※つけめんの汁は、しょうゆだれ・みそだれの2種類(どちらかを選択)
※つけめんの「地球盛(3玉)」〜「ブラックホール盛(10玉)」は、残すと+700円。
※つけめんの「流星盛」「クレーター盛」は、制限時間1時間。完食できない場合、代金は+2000円。

【限定メニュー(これまでの)】
冷し中華950円、冷しらーめん800円、スペシャルラーメン1000円、カレーめん700円、のりしゅうまいらーめん700円、他

【系統】和風だし系東京ラーメン

梅もと@池袋-店舗外観 梅もと@池袋-店内
【お店について】
1975年4月創業の「梅もと@雑司が谷・鬼子母神前(豊島区)」が2009年4月18日をもって閉店し、2009年5月11日に池袋へ移転。
オープン初日には、店主の知り合いの女優・浅香光代さんが一日店長を勤めた。

このお店のご主人西村知行氏は、当初画材会社に勤めていた。
後に以前から興味をもっていた料理の道に進むために退社。独学で、「梅もと」を開業。
当初の「梅もと」は、様々なメニューを揃える食堂として始まる。
そのメニューの中から、お客さんに絶賛されたのがラーメン。
これをきっかけとして、ラーメン専門店に生まれ変わり、今日に至る。

池袋店は、漫画家・本宮ひろ志氏の作品『サラリーマン金太郎』のモデルにもなった元暴走族の総長:伊藤幸弘氏が運営する「伊藤学校」とのコラボレーション。
「伊藤学校」は、静岡県富士見市にあるフリースクール。
広域通信制の「代々木高校」と連携して開設した「伊藤幸弘自立支援コース」の中で、「梅もと」で就労週3日間、残りの2〜3日間を「代々木高校 東京キャンパス」で学ぶという生徒達の出口対策を兼ねた方式を取り入れた。
スタッフの人数が多く感じられたのは、このことにも関係している。
「ラーメン道で、人を育てる」と言い切る西村氏。
フリースクールとの連携を取ることにより、若者の更正自律にも一役買っている。

お店は、池袋駅東口より明治通りを新宿方面へ直進し、南池袋一丁目交差点より東通りに入り、暫く歩いて左折した場所にある。
店名のロゴをレリーフ化した木製看板と、垂れ幕が目印。
店頭には、アクリルケースに入った「伝説のクレータ盛(25玉=3750g)」が飾られている。
梅もと@池袋-つけめん・クレータ盛
このお店では、“つけめん”の麺の量が10段階あり、その最大の量が画像にある「クレータ盛」である。

このお店の看板メニューは、3日間煮込んだ煮豚が載る「ねぎ豚らーめん」ではあるが、最近では“つけめん”の方が話題となることが多い。
このつけ麺は、創業25周年を記念して2000年よりメニューに載るようになった。
「ブラックホール盛」を完食すると“1年間無料”、「流星盛」を完食すると“5年間無料”、「クレーター盛」を完食すると“永久(終身)無料”になるサービス券がもらえる。
ちなみに、全国大食い選手権チャンピオンの「ジャイアント白田(信幸)」氏は、ブラックホール盛(10玉/1500g)を9分で完食したらしい。

店内に入ると右手に券売機がある。
左手には、芸能人、アナウンサー、評論家など多数の色紙が飾られている。
ゆとりのある空間で、客席はUの字型のカウンター24席。落ち着いた気分で食事が出来る。

※2012年6月30日、移転のため閉店。
※2012年11月21日、移転先(東京都豊島区東池袋3-7-7)。
梅もと@池袋-支那そば+味玉
本日は「支那そば」+味玉
和風テイストの「梅もと」のメニューの中にあって、中華そばに近いメニュー。

豚骨と鶏ガラの動物系に、宗田節・鯖節・昆布などの魚介系をブレンドしたスープ。
清湯スープと言ってもよい透明感のあるスープ。
鶏と豚の比率が1:1の「ねぎ豚らーめん」と比べると、鶏の出汁がやや多めかなという印象。
突出したものはない穏やかな味わい。
甘味のある醤油味で、スッキリとしていて飽きが来ない。
ニンニク油がコクを加え、飲むたびにジンワリと染み入るような旨味が押し寄せる。

中細の縮れ麺は、「株式会社山口や@池袋」製の特注麺。柔らかめの茹で加減。
スープの絡みも良く、スルスルと啜り心地が良く美味しい。

具のメンマは程よい味つけで多めに入っているのが嬉しい。
味玉は、味付も程よく、黄身がしっとりとした半熟具合。
肩ロースの煮豚は、端っこのものが数個。印象が薄い。他の具は、ナルト、刻みネギ。

梅もとの真骨頂は、やはり「ねぎ豚らーめん」と「浜塩めん」。
初訪ならば、このどちらかを食すべし。つけめんや他のメニューは二の次で良いと思う。

【掲載】2009年9月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区豊島区のラーメン店リスト>梅もと@池袋
inserted by FC2 system