らーめん自由区・東京ラーメンガイド千代田区のラーメン店リスト>無限庵@神田
らーめん創房 無限庵(閉店)らーめんそうぼうむげんあん
【所在地】東京都千代田区鍛冶町1-5-1 【お店の地図】
【пz03-3252-0513
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】
 ○11:00-16:00/17:30-23:00
 ○11:00-15:00(土曜日)
【最寄り駅】
 ○JR中央線・山手線 神田駅 徒歩3分

【メニュー】
 ○ラーメン680円、とんこつ丸鶏680円、塩ラーメン780円、鶏白湯780円、昔味噌ラーメン730円、玄流麺780円、坦々麺850円
 ○特製塩900円、特製鶏白湯900円、特製醤油900円
 ◎つけ麺(平打ち麺)730円、太つけ麺780円、極太つけ麺850円
 ※太つけ麺、極太麺は14:00から提供。
 ※6種類のスープ(醤油・塩・塩白湯・醤油白湯・坦々風味・坦々白湯)から選ぶ。
 □烏骨鶏卵定食1000円、餃子350円
 □テイクアウトメニュー:七彩麺500円、他
 ◇味付玉子・メンマ・白髪ネギ各100円、チャーシュー250円、豚角煮300円

【期間限定メニュー(これまでの)】
 塩タンメン780円、油そば680円、無限庵汁煮780円、冷やし塩680円、玄流冷やし中華680円、他

【系統】天然無添加・オーガニック素材系東京ラーメン

無限庵-店舗外観 無限庵-店内
【お店について】
 2008年4月4日オープン。ラーメンフランチャイズを展開する「株式会社ホッコク(HOKKOKU)」の新ブランドの一つ。新しい事業形態として、有名店の店主がプロデュースしたものを直営店として展開している。
 このお店のプロデュースは、田中玄氏。 田中氏は、以前、末広町で「ラーメン創房 玄(旧・らーめん工房めんめん)」を開業。1990年代に完全無化調・無添加の先駆けとなるラーメンを世に送り出し牽引した実績を持つ。現在は、「一茎草@三ノ輪」を営んでいる。
 同じ形態の新ブランドには、せたが屋グループ(前島司氏)による「こじゃん亭@群馬県前橋」、麺や七彩(阪田・藤井両氏)による「TOKYO味噌らーめん@東京駅」などがある。

 神田駅よりほど近い場所に位置する。白地に無限庵というレリーフ状の文字の看板が目印。入り口左側に券売機が設置され、右側には「浅草開化楼」の麺箱が積まれている。
 店内は、居抜きという感じで、カウンター9席。ゆとりのある空間。カウンター上部の壁面には、お店のコンセプトが書かれた文章が貼り出されている。「大地の恵み」、「玄流ラーメン」についての云々。
 ランチサービス(11:00-14:00)として、半ライスとサラダが無料。麺大盛無料(単品メニューの「ラーメン」は対象外)。無限庵で使用する米は、ステビア農法で作った宮城県産ひとめぼれの精米仕立てのご飯。
 場所柄であろうか、テイクアウトのランチボックスも提供している。メニューの内容が、これまでに頻繁に入れ替わっている。
無限庵-坦々麺+味付玉子
 本日は「坦々麺」+味付玉子。ラーメンの真価が分かりやすいのは塩か醤油ラーメン。錆びついた体が求めたのは刺激のある担々麺。迷いがあったがこれに決定。

 無限庵の味のベースとなるのは福島県本宮市の「本宮烏骨鶏」のエキスを抽出したスープ。あっさりとしていながら、鶏の旨味・風味・コクのある味わいが伝わってくる。胡麻の風味も心地よい。適度な辛味はあるが、痺れるような辛味はない。四川風というよりは和風仕立て。

 黄色い細縮れ麺は、柔らかめの茹で加減。スルスルと啜り心地が良く、適度なコシと弾力性がある。量は少なめ。
 具の味付玉子は、ほど良い味付けで、黄身は餡子状。他の具は、ほうれん草、メンマ、挽肉、白髪ネギ、糸唐辛子。

 このような事業形態の場合、プロデューサーの意向とは別の方向に一人歩きをする場合もある。玄流ラーメンを求めるならば、三ノ輪へ。
【掲載】2008年12月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区千代田区のラーメン店リスト>無限庵@神田
inserted by FC2 system