本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド練馬区のラーメン店リスト>ごっつ(RAMEN GOTTSU)@練馬
RAMEN GOTTSU  ラーメン遺産 殿堂入りの名店
らーめん ごっつ

【所在地】東京都練馬区練馬1-29-16  【お店の地図】
【電話】03-3993-8808
【定休日】月曜
【営業時間】
*11:00-15:00/18:00-21:00・・・火〜土曜
*11:00-15:00・・・日曜
【最寄り駅】西武池袋線/都営大江戸線 練馬駅 徒歩5分

【メニュー】
○らーめん780円、味玉らーめん880円、辛肉玉らーめん930円、GOTTSUらーめん980円、チャーシューらーめん1030円、味玉チャーシューらーめん1130円
○煮干そば730円、味玉煮干そば830円、燻製味玉煮干そば880円、ワンタン煮干そば880円、GOTTSU煮干そば930円、味玉ワンタン煮干そば980円
◎つけめん780円、味玉つけめん880円、GOTTSUつけめん980円
◎燻製油そば730円、味玉燻製油そば830円、GOTTSU燻製油そば930円
◎お子様セット(ちびらーめん+チーズケーキ)580円
◇中盛(つけめん用)50円、大盛り100円
◇ミニ辛肉玉50円、味付玉子・のり・メンマ各100円、燻製味付玉子・九条ネギ各150円、チャーシュー250円
□焼豚ごはん100円、皿ワンタン180円、自家製チーズケーキ200円

【限定メニュー(これまでの)】
チャウダーらーめん800円、冷し味噌らーめん、冷しトマト担々麺850円、がごめ昆布と煮干の冷しらーめん750円、ヴィシソワーズ風冷製塩白湯つけめん800円、トリパイタンメン、燻製鶏白湯つけめん800円、炸醤麺、冷し煮干そば、鶏そば、トマトの濃厚味噌らーめん800円、煮干つけそば、大山どりと鰆のワンタンめん、軍鶏と鰆節の白湯らーめん880円、貝のタンメン、燻製油まぜそば750円、ガーリックシュリンプらーめん800円、追い鶏中華そば800円、大山鶏の白湯らーめん、チリトマト味噌らーめん、鶏と昆布の塩らーめん900円、南瓜と鶏の白湯らーめん、塩煮干そば、トマトの味噌つけめん、マー油豚骨らーめん800円、ごっつ家らーめん、鶏と煮干の冷たい塩つけめん、ジャガイモと九条ネギの冷製鶏鶏白湯つけめん900円、冷し担々麺、冷しトマト味噌らーめん、冷やし魚介中華そば、燻製油そば780円、トマト味噌タンメン、豚そばタンメン、追い煮干豚そば、豚そば、燻製煮干らーめん、海老まぜそば、大山鶏のつけそば、濃厚味噌トマトらーめん、大山鶏白湯らーめん、大山鶏そば、GOTTSUBLACK、カボチャらーめん、アゴシオらーめん750円、アゴ中華そば、鶏白湯らーめん、煮干中華そば、煮干鶏豚骨らーめん、冷やし担々麺、冷しニボシオらーめん750円、冷し醤油らーめん、煮干豚骨醤油らーめん、トマトとキャベツのベジポタらーめん、トマトとキャベツの鶏白湯らーめん、RAMEN GOTTSUの中華そば、他

【系統】創作系東京ラーメン

【お店について】
2013年3月12日創業。
店主の齊藤雅文さんは、元々ラーメン好きで、28歳までは別の仕事に就きながら都内の店を食べ歩いたという。
その後、「有限会社 渡なべスタイル(代表・渡辺樹庵 さん)」の直営店「渡なべ」や「可以」で約4年の修業を積み独立。
「くろく@仙台」の青田玄さん、「いつ樹@小作」と「五ノ神製作所」等の伊藤真啓さん、「パパパパパイン@西荻窪」の倉田裕彰さんに続く、4人目の独立者。
「上品で食べやすいラーメン」が目標。

RAMEN GOTTSU@練馬-店舗外観
練馬駅から、千川通りを桜台駅方面に直進。
「練馬消防署前」交差点の次の信号を左折。
「大門通り商店街」を暫く歩くと見えてくる。
カフェのようなお洒落な店構え。

RAMEN GOTTSU@練馬-店内
店内は、ウッディでスタイリッシュな空間。
L字型カウンター8席。
店内に入り、右手に券売機。
続いて、給水器とコップが置いてある。

RAMEN GOTTSU@練馬-店内
店主とスタッフの2人で切り盛りをしている。

RAMEN GOTTSU@練馬-卓上
卓上には、レインボーペッパーと一味唐辛子、レンゲ、割り箸、紙ナプキンなどが置かれている。
レンゲや割り箸が入っている陶器は、小石原焼の「鶴見窯(福岡県東峰村大字小石原2443)」製の丸コップ。

2014年12月5日発売の「ミュシュランガイド東京2015」-『ビブグルマン ※1』部門に、掲載された。
※1-従来の星(三つ星・二つ星・一つ星)の評価からは外れるが、5000円以下の予算でコストパフォーマンスの高い食事ができる店舗に与えられるもの。
RAMEN GOTTSU@練馬-燻製味玉煮干そば
本日は、「燻製味玉煮干そば」

丸鶏と鶏ガラの清湯スープに、片口イワシとアジの煮干しを加えたスープ。

先ずはスープを一口。
最初に来るのは、煮干しの芳醇なる香りとほんのりビターな感じの煮干しの旨み。
続いて来るのは、鶏の旨み。
それぞれ丁寧に抽出した出汁は、あっさりなのに深いコクがある。

続いて飲むと・・・。
煮干しのエグミも若干あるニボニボとした感じ。
醤油は抑え目ながらも、しっかりと効いている。
清湯のあっさりめの中に、煮干し出汁と醤油のバランス良く、且つしっかりと出ていてウマい。

麺は、「三河屋製麺」製の国産小麦を使用した細ストレート麺。
麺量は、「らーめん」が160gに対し、「煮干しそば」は140gと少なめ。
スルスルと啜り心地が良く、喉越しも良い。
芯が少し残る固めの茹で加減。
全粒粉の粒も見え、シコシコとした食感。
食べ進むうちに、少しずつしなやかになっていく。

具のチャーシューは、塩コショウをして1日寝かせ、翌日ローストし、3日目に桜チップを使って燻製に仕上げたもの。
スライサーで切った薄切り。
しっとりとした肉質で、スモーキー。

燻製味玉は、燻した香りが強く、黄身がトロリとした半熟具合。
甘めの醤油味で、燻製好きにはたまらない逸品。
メンマは、拍子木状。
太いが芯まで軟らかい。
他の具は、九条ネギと海苔。

【掲載】2016年8月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

GOTTSUらーめん【2016年1月】(2)
ヴィシソワーズ風冷製塩白湯つけめん【2015年9月】(1)
inserted by FC2 system