らーめん自由区|東京ラーメン・つけ麺ガイド高円寺のラーメン店リスト>つけめんTETSU@高円寺
つけめんTETSU・名称変更
つけめん てつ
→ つけめん102 サクラサク
【所在地】東京都杉並区高円寺南3-70-1 高円寺ストリート2番街B1 【お店の地図】
【電話】03-3336-7666
【定休日】無休
【営業時間】11:00-23:00(L.O.)
【最寄駅】JR中央線・総武線 高円寺駅 徒歩2分

【メニュー】
 ◎つけめん750円、味玉つけめん850円、ねぎつけめん850円、メンマつけめん850円、野菜つけめん900円、特製つけめん1000円
 ◎辛つけめん850円、坦坦つけめん850円
 ◎あつもり750円、味玉あつもり850円、ねぎあつもり850円、メンマあつもり850円、野菜あつもり900円、特製あつもり1000円
 ◎辛あつもり850円、坦坦あつもり850円
 ◎まぜそば750円、ねぎまぜそば850円、まぜそば野菜増し!900円、辛まぜそば850円
 ○煮干しそば700円、味玉煮干しそば800円、ねぎ煮干しそば800円、特製煮干しそば950円
 ◇味玉・メンマ・ネギ・辛くする!各100円、野菜150円、肉増し300円、大盛(+100g)100円、
 □名物!肉おこわ150円、茹で餃子400円、他

【系統】濃厚豚骨魚介系東京ラーメン

つけめんTETSU@高円寺らーめん横丁-店舗外観 つけめんTETSU@高円寺らーめん横丁-店内
【お店について】
 2009年12月20日オープン。2005年8月11日創業の「つけめんTETSU@千駄木本店(文京区)」の支店。他には、「TETSU品川店」、「TETSU京都店」などがあり、セカンドブランドとして「つけめん102@大宮」、「つけめん102@川口」、「江戸前煮干中華そば きみはん@鶯谷」などもある。

 店名は店主の小宮一哲(かずのり)氏の名の一文字を取って名づけた。小宮氏は、大学を卒業後ユニクロに入社。円満退社後に開業。独学ということもあり紆余曲折(うよきょくせつ)もあったが、「六厘舎@大崎」の店主にアドバイスを受け、現在のスタイルを確立した。

 本店では、“昼”は豚骨×魚介スープ+太麺、“夜”は鶏×魚介+中太麺とスタイルを変えている。注目を浴びたのは、豚骨ベースに魚介系を加えた濃厚豚骨魚介系つけ麺。味もさることながら、食べた後の割りスープを飲む際に入れる“焼き石”というスタイルが独特で話題となった。また、あつもりは麺に鰹出汁が加えられ、冷めないように工夫されている。開業より短期間で行列のできる人気店となった。

 つけめんTETSUで使用する麺は、創業当初の「三河屋製麺」製、次に「浅草開化楼」製、そして2008年4月より“自家製麺”になった。

 店舗は「高円寺らーめん横丁」の東側の入口より入る。蒙古タンメン中本の前。階段を下りて直ぐの場所に、券売機がある。
 店内に入ると、左右に部屋が分かれる。右手厨房前にカウンター10席(8+2)、左手奥にカウンター13席(7+6)がある。卓上には、S&Bの一味唐辛子とブラックペッパー・酢・揚げネギ・割りスープの入ったポットなどが置かれている。他には、「TETSUつけめんのススメ」というつけ麺の食べ方が描かれた漫画とアンケート用紙が置かれている。この「アンケート」に答えると、次回から使えるサービス券(麺大盛or味玉)が帰り際にもらえる。

高円寺らーめん横丁について

※2010年12月20日までで契約終了。21日より「つけめん102 サクラサク」という屋号で継続。
つけめんTETSU-特製あつもり
 本日は「特製あつもり」。一般的なあつもりは、一度水で締めた麺をお湯に潜らせてから盛り付ける。TETSUのあつもりは、更に温めた麺に鰹出汁を注いで保温するというスタイル。

 麺は、強い縮れの入った極太麺。柔らかめの茹で加減で、麺にしっかりと火を通している。ゴワゴワとしたような見た目と違って、ソフト。汁の持ち上げ加減が良く、モッチリとした食感。噛むと小麦粉の風味が直に伝わり美味しい。鰹出汁は、保温効果とつけ汁が薄まりにくくする効果がある。

 茶濁色をしたつけ汁は、豚と鶏の出汁と背脂の風味とコクが効いた濃厚豚骨醤油味。熱々の温度。トロミがあり、麺にスープが吸着しやすい。「つけめん」のように、海苔の上に鰹節粉を載せる手法は採り入れていない。その分、節による強烈なインパクトはなく、程好い魚介風味。

 トッピングは、麺の上にカイワレ大根。つけ汁の中にブロック状のトロトロチャーシューとネギ。別皿(特製)には、三枚肉の角煮が2枚・味付け玉子・増量のメンマ、ネギ。
 つけ汁の中のチャーシューは、トロトロとした口溶け感があって美味しい。別皿のチャーシューは、柔らかくてジューシー。味玉は、黄身がゼリー状で中心部分がトロリと流れ出る半熟具合。黄身まで味が染みていて美味しい。

 麺を食べ終えたところで、スープ割り。麺が浸かっていた鰹出汁を加え、スタッフが運んできた「焼け石」を投入。グツグツと再沸騰する様を見て楽しむ。魚介のアロマが香り立ち、そして完飲。

【掲載】2010年6月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
つけめんTETSU-特製つけ麺
 本日は「特製つけめん」。TETSUのお薦めメニューが「つけ麺」。特製はそれに加えて、別皿に載った味玉+増量のチャーシュー・メンマ・刻みネギが加わる。

 麺は、茹で時間が7分ぐらいかかる太縮れ麺。うどん用の小麦粉とパン用の小麦粉を独自に配合した自家製麺。「あつもり」は麺が鰹出汁に浸かっている状態で提供されるが、こちらは僅かに鰹出汁がかけられている。
 縮れが不規則なので、勢いよく啜ると汁が周りに飛び散る。そこで、麺を口に放り込むようにワッシワッシと食べる。表面は滑らかで、強靭(じん)なコシがある。強靭といっても、硬からずモチモチとしているので、噛む感触を楽しめる。また、小麦の風味も豊かなので、単体で食べても美味しい。

 つけ汁は茶濁色で、豚骨・背脂等の濃厚な動物系の出汁に、魚介系出汁を加えた醤油味。ややトロミがあり、まろやかな甘味もある。さらにたっぷりの魚粉が溶け込んで、パンチ力のある味わい。近頃、巷にこれに類似した味わいのお店が増えたので、目新しさはなくなってしまったが、安定感のある濃厚豚骨魚介味。

 具が載った別皿は、温められていて冷めない工夫が施されている。チャーシューは、やや小さめながら厚みのあるもので、柔らかくて、噛むとジューシーな肉汁が口の中で広がる美味しさ。味玉は全体に醤油の味が染みこみ、黄身の外側がゼリー状、そして中心部がトロリと溶け出すような半熟具合。メンマはシャキシャキとした食感。他の具はカイワレダイコン。

 最後にスープ割り。卓上に置かれているポットから、つけ汁に割りスープを注ぐ。
つけめんTETSU-焼け石
 次に、スタッフが運んできた「焼け石」をレンゲに載せてもらって、それを投入。入れた瞬間は「ジュッ」と音を立てるが、ボコボコとなる程ではない。
 スープ温度が上がり、煮干や鰹の魚介風味が香り立ち、満足度が増す。

【掲載】2010年6月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
つけめんTETSU-味玉煮干しそば
 本日は「味玉煮干しそば」。つけ麺が主力商品であるTETSUにおいて、隠れた力作と言われている汁そば。
 小ぶりなサラダボールのような形状の丼鉢。両手で触れば、熱々。スープも最後まで、熱々。丼鉢からは、煮干しの良い香りがふんわりと立ち上り、鼻孔をすり抜けていく。煮干しの香りを移した香味油が表面に層を成し、蓋の代わりになっている。動物系と魚介系のWスープで、コッテリしていながらもすっきりとした後味。塩分はやや強め。鶏の旨味がベースにあり、厚みの有る味わい。

 麺は自家製の中細のストレート麺。系列店舗によって麺の太さを変えるという麺は、しっかりとしたコシがありなかなか美味。スルスルと啜りやすく、小麦の味も豊か。
 具のチャーシューは、やや脂身の多い四角い形状。柔らかくジューシーな味わい。味玉は白身に醤油の味が染みこみ、黄身の中心部がトロリとしていて絶品。メンマは柔らかくザクザクとした歯応え。他の具は、小口切りのネギ・スプラウト・柚子。

【掲載】2010年1月 【行列】7人 【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区高円寺のラーメン店リスト>つけめんTETSU@高円寺
inserted by FC2 system