本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド杉並区のラーメン店リスト>丸信@荻窪
中華そば 丸信 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
ちゅうかそば まるしん

【所在地】東京都杉並区上荻1-24-22 【お店の地図】
【電話】03-3391-4809
【定休日】水曜・第3木曜・第1日曜
【営業時間】
*11:00-17:00(平日)
*11:00-15:00(土・日・祝)
【最寄り駅】
○JR中央線・総武線・東京メトロ丸の内線他 荻窪駅 徒歩7分

【メニュー】
〇ラーメン670円、味玉ラーメン770円、大盛りラーメン790円、ワンタンメン810円、メンマラーメン870円、チャーシューメン980円
〇ワンタン650円、冷やし中華(夏期限定)900円
◎つけそば790円、メンマつけそば990円
◇生卵50円、味付け玉子100円、麺大盛り120円増し、メンマ大盛り200円増し
□半ライス100円、ライス150円、ギョウザ・シュウマイ・メンマ各580円、他

【系統】荻窪ラーメン系東京ラーメン

【お店について】
1950年(昭和25年)7月創業。
丸長グループを代表するお店の一つ。
創業者は、山上信成さん。
「丸長@荻窪」を共同経営していた山上さん(初代)が、独立して開いた。

創業地は、荻窪駅前(北口)。
1988年(昭和63年)に、現在の地に移り本店とし、荻窪駅前のお店を支店とした。
1991年(平成3年)に、駅前店は区画整理の為閉店。

丸信の「信」は、信州の「信」から取った。ちなみに、丸長の「長」は長野の「長」。
創業当初の丸長の共同経営者達が、長野県出身(元蕎麦職人)だったことに由来する。
1980年代に「荻窪ラーメン」がブレイクし、その当時「春木屋」、「丸福」、「丸信」が“三大ラーメン店”と称された。

暖簾分けや派生したお店は、丸信(武蔵小金井)、丸信飯店(武蔵小杉)、丸信(東長崎)、丸信(相模原)、丸信(国立谷保)、丸信(豊田)、丸信(田無)、高社楼(八王子)、丸信(霧ヶ丘)、丸信(向河原)などがある。

2代目が中心に切り盛りしていた時は、炒飯や焼きそばなどの一品ものも取り揃え、夜営業もしていた。
3代目が継承してからは、メニューを麺類に絞り込み、夜営業はやめた。

丸信@荻窪-店舗外観
お店の場所は、JR荻窪駅東改札北口下車。
駅前の青梅街道を左手(西)に直進。
杉並公会堂を通り越し直ぐ先、環八通りと接する四面道交差点の手前にある。
店名の書かれた白地の看板と暖簾が目印。

丸信@荻窪-店内
入って右側が、4人が座れるウエイティングスペース。
店内はゆったりとした開放的な空間。
口頭注文、後払い制。

丸信@荻窪-店内
厨房前にL字型のカウンター6席、その後方にテーブル12席(4人掛け×3卓)。

卓上には、醤油・酢・ラー油・胡椒・七味唐辛子・爪楊枝・割り箸などが置かれている。
BGMはTV。口頭注文、後払い制。
厨房で腕をふるう3代目とホール係の女性2名で、切り盛りをしている。

過去には、デフォルトでウズラの味付玉子が載っていた時期もあった。
丸信@荻窪-ワンタンメン+味付け玉子
本日は「ワンタンメン+味付け玉子」

丼は大きめで、スープも多め、具もタップリ。
垂涎を禁じ得ないヴィジュアル。

先ずはスープを一口。
スープ表面に浮かぶラードで、温度をキープ。
豚骨等動物系のしっかりとしたボディに、鰹節・宗田節・サバ節等の魚介の風味が香る。
アッサリとしつつも、醤油の香ばしさと円やかさでほのぼのとする味わい。

続いて飲むと・・・。
塩分、脂分は控えめながら、旨味はしっかり。
フワ〜っと香る魚介の風味。
ガッツンと舌に訴える感じではなく、醤油の味わいの隙間から漂ってくる感じ。
醤油の醸造的な酸味とか尖りはなく、出汁と相俟って醤油そのものの美味しさを楽しめる。
バランス感覚に優れていると言える。

麺は自家製の中太のストレート。
2種類の小麦粉をブレンドした多加水麺。
滑らかな口当たりで、スルスルと啜り心地が良い。
柔らかめだが、スープとよく馴染んでいる。
噛んではムチッとした食感で、噛みしめると小麦の風味が豊か。
量も多め。

具のチャーシューは、大判の肩ロース肉。
味付けも程良く、ホロリと崩れる柔らかさで美味しい。

ワンタンは、8個入っている。
皮は中厚で、肉もしっかりと入っている。
チュルンと口の中に飛び込み、噛んではジューシー。

味付け玉子は、醤油の味が染み込んでいて、黄身が餡子状の半熟具合。
色の濃いメンマは多めに入り、コリコリとした食感。

他の具は、海苔、ほうれん草、小口切りのネギ。

【掲載】2017年5月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
inserted by FC2 system