本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>鈴蘭@中野
煮干中華そば 鈴蘭 中野店
にぼしちゅうかそば すずらん なかのてん

【所在地】 東京都中野区中野3-33-15 中野駅南口KHTビル1F 【お店の地図】
【電話】03-3384-0112
【定休日】無休
【営業時間】11:30-23:00
【最寄駅】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩2分

【メニュー】
○濃厚煮干そば730円、チャーシュー濃厚煮干そば930円、特製濃厚煮干そば980円
◎つけめん750円、チャーシューつけめん950円、特製つけめん1000円
◎辛つけめん780円、チャーシュー辛つけめん980円、特製辛つけめん1030円
◎海老つけめん780円、チャーシュー海老つけめん980円、特製海老つけめん1030円
◎まぜそば700円、チャーシューまぜそば900円、特製まぜそば950円
◇辛油20円、のり50円、メンマ・煮玉子各100円、チャーシュー200円
□炊き込み飯100円

【限定メニュー(これまでの)】
ニボ味噌らーめん750円、秋刀魚中華そば780円、怒濃厚烏賊煮干しつけ麺800円、あご出汁冷やしつけそば780円、冷やし鯵煮干そば780円、銀の煮干そば780円、〜トリュフ・バジルオイル添え〜あご煮干しとトマトの塩そば800円、カレーニボニボまぜそば780円、秋刀魚つけそば800円、銀の煮干しつけ麺〜特濃〜800円、貝三種×平子煮干しの塩SOBA 800円、豚清湯×5種の煮干しそば780円、他

【系統】濃厚煮干醤油系東京ラーメン

【お店について】
2015年3月12日オープン。
2012年5月23日創業の「煮干中華そば 鈴蘭 新宿店@新宿三丁目」の2号店。
「株式会社INGS(代表取締役:青柳誠希さん)」が運営するお店。

このお店のキャッチコピーは「煮干の旨さ教えます」。
濃厚煮干しスープが特長の゛新宿店”のスープを、゛中野店“では「さらに強烈」にしたスープで勝負するという。
1杯あたり約70gの煮干しを使用している。

鈴蘭@中野-店舗外観
中野駅南口より、「中野通り」を「中野マルイ」側の歩道を南へ直進。
「大勝軒@中野」を超えて、少し歩いた右手にある。
黒字に、赤い文字の看板が目印。

鈴蘭@中野-店内
店内は、明るく清潔感溢れる。
総席数18席(カウンター10席 4人掛けテーブル×2)。
券売機による食券制。

鈴蘭@中野-店内
スタッフは全員男性で、厨房2名、ホール担当1名の体制。
BGMは、JPOP。

鈴蘭@中野-卓上
卓上には、冷水ポットと割り箸、爪楊枝、ティッシュ、一味唐辛子、ブラックペッパーなどが置かれている。
「当日限定」という曜日を固定せずに繰り出されるメニューがあることもある。
鈴蘭@中野-つけめん+煮玉子
本日は「つけめん+煮玉子」

麺は、「カネジン食品」製の中太のストレート麺。
麺肌は色白で、艶やか。
ツルツルとした口触りで、スルスルと啜り心地が良い。
噛むとハリとコシのある食感で、噛みしめると小麦の甘みを感じる。

つけ汁は、表面にラード&コラーゲン層があり、節粉が浮いている。
サラリとした豚骨煮干し醤油味。
苦味・エグミは少なく、程良いニボニボ感。
下支えとなっている豚骨スープが味の厚みを出している。
食べ進むと気づくのは、甘味。
甘味要素が、味にメリハリをつけている。

具のチャーシューは、低温調理で仕上げたレアなものが2枚。
薄切りだが、適度な噛み応えを味わえる。
また、つけ汁に浸して、熱変化による肉質の違いも楽しめる。

煮玉子、味がシッカリとついていて、黄身がトロ〜リと流れる半熟具合。
穂先メンマは、柔らかくシャクシャクとした食感。
他の具は、ナルト、ネギ、海苔。

最後にスープ割り。
出汁感が強まり、最後の一滴まで楽しめる。

【掲載】2017年4月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

海老つけめん+煮玉子【2017年1月】(3)
特製煮干そば【2017年1月】(2)
あご出汁冷やしつけそば+煮玉子【2016年10月】(1)
inserted by FC2 system