らーめん自由区・東京ラーメンガイド文京区のラーメン店リスト>大喜@湯島
らーめん天神下 大喜 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
らーめんてんじんした だいき
【所在地】東京都文京区湯島3-47-2 白木ビル1F 【お店の地図】
【電話】03-3834-0348
【定休日】日曜日
【営業時間】
 ○11:30-15:00/17:30-22:00(土曜は21:00)
 ○11:30-16:00(祝日)
【最寄り駅】
 ○東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩1分
 ○東京メトロ銀座線 上野広小路駅 徒歩8分
 ○都営大江戸線 上野御徒町駅 徒歩8分

【メニュー】
 ○醤油らーめん680円、醤油わんたんめん900円、特製醤油らーめん(味玉付き)950円
 ○うめしおらーめん780円、とりそば(塩味)850円
 ○みそらーめん800円
 □醤油つけそば(細麺)750円、醤油もりそば(太麺)750円
 □うめしおもりそば(太麺)850円、他
 ◇味付けたまご・のり・きざみねぎ別皿各100円、岩海苔200円、細切りめんま別皿250円、ちゃーしゅう別皿400円
 
◇焼餃子400円、他

【限定メニュー(これまでの)】
 ちゃんぽん900円、冷やしとりつけめん900円、煮干とりそば(太手揉み麺)900円、胡麻辛子とりそば900円、とりわんたんめん900円、純とりそば950円、卵とじとりそば900円、かしわもりそば900円、カレーもりそば(太麺)850円、ごまだれ冷やしそば900円、冷やし茄子とりそば900円、海苔とりそば900円、桜わんたんとりそば900円、和えめん780円、牡蠣そば900円、醤油とりそば900円、うめしおもりそば850円(太麺280g・塩あじ・20食)、純とりそば950円(塩味・中太麺・鶏白湯)、親子とりそば950円、鍋焼きとりそば990円、柚子とりそば鍋仕立て950円、味噌らーめん800円、醤油つけそば750円、醤油もりそば750円、醤油ちゃーしゅうめん950円、とりわんたんめん(塩味)900円、みそわんたんめん950円、冷しとりそば900円、冷しぶっかけそば850円、とりあえめん780円、和えめん780円、冷しつけそば850円、とりつけめん850円、ひやむぎ風冷やしつけそば800円、冷やしとりそば900円、やまかけ冷やしらーめん850円、たんたんめん850円(秋冬限定)、かまあげカレーつけめん900円、とりわんたんめん900円、うめしおとりそば900円、釜揚げみそもりそば900円、かまあげとりつけめん900円、他

【系統】創作中華そば系東京ラーメン

らーめん天神下 大喜@湯島-店舗外観 らーめん天神下 大喜@湯島-店内
【お店について】
 1999年6月14日創業。らーめん大喜のご主人・武川数勇氏は、東京都中野区の生まれ。高校を中退後、日本橋の和食の店で20年間修行した後、36歳で「らーめん天神下大喜」を開いた。ラーメンに関しては独学。早朝に打つ麺やスープづくりの研究のために、数年間家に帰らず、店で寝泊りしていたというエピソードがある。

 大喜の創業当時は、隠れた名店としてラーメン通の間では知られていたが、認知度は低かった。サイドメニューを食べながら酒を飲むという隠れ家的な存在だったが、徐々にクチコミでその存在が広まるようになった。
 そして、スターダムにのし上がったきっかけは、日本テレビの「史上最大!全国民が選ぶ美味しいラーメン屋さん列島最新ベスト99」という番組。大喜が1位を獲得し、。その直後から、整理券を発行するまでの混み具合となった。整理券を得るために事前に並び、食べるためにまた並ぶ。この異常なる過熱ぶりは、マスコミの影響力の凄さを感じさせた。
 時が経ち、以前のようなことはなく、落ち着きを取り戻した。行列が出来なくても、常時客席が埋まるほどの人気店であることには変わりがない。支店は出さず、渾身の一杯を創り出すために、日々ブラッシュ-アップ(磨きをかける)することに全身全霊を傾ける武川氏の姿勢は凄みさえも覚える。

 最寄駅は千代田線「湯島駅」だが、銀座線「上野広小路駅」や大江戸線「上野御徒町」からも歩いて行ける。近くには、学問の神様として知られる菅原道真公を祀った「湯島天満宮(湯島天神)」がある。このお店は、春日通り沿いに面している。褪せた暖簾の上におかめの面が掛かっている。右横には券売機が置かれ、券を購入した後、列の最後尾に並ぶことになる。土曜日・祝日の昼間は混雑するが、平日の夜は待ち時間が短く、待たずに座れることもある。

 店内は、間口と比べると奥行きがある。カウンター11席、テーブル6席。カウンターの座席は、二人掛けの木製の長椅子。やや薄暗い裸電球の灯りが、落ち着いた気分にさせてくれる。柱にさり気無く掛けられた往年の大女優「オードリー・ヘップバーン」のポートレート。その目線が眩しい。
大喜-オードリー・ヘップバーン
 麺は全て自家製である。店の2階にある製麺室で、ご主人自ら1日300〜350食分の麺を4時間かけて作っている。小麦の風味を生かすため、かん水は最小限にとどめている。5種類ある麺は、メニューにより使い分けている。

 2009年12月20日、高円寺らーめん横丁に初の支店となる「大喜庵@高円寺らーめん横丁(杉並区)」を出店。
 2010年7月3日、店名が「大喜庵」から、「大喜 高円寺分店@高円寺らーめん横丁(杉並区)」に変更。
大喜@湯島-とりわんたんめん
 本日は「とりわんたんめん」。1日20食限定のメニュー。「『とりそば』の具材、スープをそのままに、とりの旨味たっぷりのわんたんを添えました」とのこと。

 透明感のある澄んだスープに、鶏油が浮かぶ。一口目は暗闇を手探りで探るような感じ。淡く、焦点が合いにくい。重ねて飲むと、輪郭が見えてくる。塩分が弱いので、ピントが合うまでには少し時間を要する。飲み進むと、あっさりとしながらも鶏と煮干のダシが上手に引き出されていることが分かる。インパクトのある味わいを求めるむきには物足りなさもあろうが、繊細且つ優しい味わい。

 麺は細ストレート麺。以前はダマになっていることもあったが、解消されている。柔らかめの茹で加減で、スープの絡み具合も上々。艶やかな麺は、スルスルと啜り心地が良く、シコシコとした食感。

 具の蒸し鶏のチャーシューは、あっさりと上品な味わい。ワンタンは、3個。チュルンと口の中に滑り込む中厚の皮。鶏をミンチにした餡は、直径が10円玉位で生姜の風味が少し香る。軟骨のコリコリとした食感もあり美味しい。メンマは細切りで、コリコリと漬物のような食感。1/2の味付玉子は、黄身がトロトロとした半熟具合。他の具は白髪ネギ、万能ネギ、カイワレ大根、春菊。
【掲載】2010年4月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
大喜@湯島-うめしおらーめん
 本日は「うめしおらーめん」。その昔、限定で出されたものが定番になったメニュー。

 スープの表面は澄んでいて、底の方がやや濁りのあるスープ。青海苔らしきものも浮かんでいる。塩味のスープは思ったよりはコッテリとしているが、梅の風味が程よく効き、じんわりと旨味が伝わってきて美味しい。塩梅も程よく、バランス感覚が良い。使う素材を足し算的に増やして重層的なスープにするお店が多い中、余分なものを引き算して厳選したものからじっくり抽出していくやり方、それが大喜の真骨頂。

 麺は極細ストレート麺。かん水が少なめで、細い分、素麺に近い食感。滑らかな口当たりで美味しいが、如何せん麺同士がくっつき気味で、ほぐれにくいのが難点。
 具のチャーシューは、適度な厚みがあり、控えめな味付け。しっとりとしていて柔らかくて美味しい。1/2の味付玉子は、黄身がほぼ固まりつつある半熟具合。他の具は、ほうれん草、白髪ネギ、細切りの油揚げ。
【掲載】2009年10月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
大喜@湯島-うめしおもりそば
 本日は「うめしおもりそば」。和の趣のあるつけ麺。
 中太の平打ち縮れ麺は、ピラピラと唇に触れる感じ、噛むとプリプリとした食感が心地よい。麺の量は280g。スープがよく絡む。皿の底には、水切り用のすのこが敷かれている。

 最初、薄く淡く感じる味わいは、食べ進むと塩味と梅の酸味が浮上してくる。アッサリとしていながら、鶏の滋味深い味わいが舌を喜ばせてくれる。

 具は、鶏つくね(小)が2個、表面に焼き目が入った鶏肉3個。この汁の具としては、やはり豚肉よりも鶏肉がよく似合う。キクラゲと軟骨の入ったつくねは秀逸。お揚げとキュウリは、微妙な食感の違いを楽しませてくれる。岩海苔は磯の風味がしゃしゃり出ず、良い塩梅。他の具は小口切りのネギ、柔らかめのほうれん草、紫蘇。
 最後にスープ割り。梅の酸味と風味が際立ち、後味スッキリ。
【掲載】2009年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
大喜@湯島-醤油とりそば
 本日は「醤油とりそば」。冬期・夜20食の限定メニュー。デフォルメされた陶器の丼鉢が、黒塗りに赤がポイントのお盆に載せられて登場。

 丼鉢から漂う風味は、鶏、三つ葉、焼いた油揚げの香ばしさ。スープは、日本蕎麦のつゆを想起させるようなカエシの強さ、味醂による円やかさ、鶏の旨味が前面に出ている。鶏油は少なめであるが、鶏の旨味と風味が強く出ていて美味しい。大喜らしい優しい味わいで、後味は鶏油風味の余韻。

 麺は、中太の平打ちストレート麺。表面はツルンとした舌触り、噛むと小麦粉の密度感を感じ、グチッと歯を押し返す弾力感。最初はスープの絡みが弱いが、中盤馴染んでくる。

 具の鶏チャーシューは、表面に焼き目がつきサクッリとした歯ざわりで、味はサッパリとした感じ。鶏団子は2個で、キクラゲと軟骨が入り、風味付けとして山椒を加えている。コリコリとした食感と清涼感のある風味で美味しい。山葵(わさび)を効かせた三つ葉は、軽いアクセントとなり効果的。味玉1/2は、味付けが控えめで、黄身がトロリとした半熟具合。メンマは細裂きでコリコリとした食感。
 脇役の山椒と山葵を目立たないところで使い、主役の「醤油」と「鶏」を際立たせた一杯。
【掲載】2009年3月 【行列】3人 【らーめんの王様】★★★★★
大喜@湯島-冷しとりそば
 本日は「冷しとりそば」。昼夜各15食の夏季限定メニュー。好評につき、ここ数年、6月〜8月の期間にメニューに載る。
 涼しげなガラスの器が受け皿に載って登場。お椀付き。塩ダレには、赤穂の天塩が使用されている。
 スープを口に運ぶと、ヒンヤリとした口当たり。口に含むと塩分控えめながら、輪郭のはっきりとした鶏出汁の滋味深い旨みが口の中に広がる。オクラとナメコという粘りとトロミのある野菜が加わり、スープの味が麺に吸着し、一体感がある。

 麺は、国内産とカナダ産をブレンドした自家製の中太縮れ麺。ミチッと締まった固めの茹で加減。手もみを加え、フルフルとした口当たり感、そして、ピラピラとした舌触り感。量的には160gと標準的だが、満腹度も高い。

 具は、夏野菜とローストした鶏肉がトッピングされている。きゅうりの千切りと白髪ネギ、青菜の茎を刻んだものは箸休めとして良い。その上に散らされた刻み紅生姜入りの揚げ玉は、サクッとした食感でアクセントとして楽しませてくれる。他の具は、1/2の味玉、鶏挽肉、擂り胡麻。
 添えられたレモンを絞り入れると、スープの味が分かりにくくなるので、ある程度楽しんでから回し入れた方が良い。

 別添えのスープは、ワカメと刻みネギが入ったシンプルな鶏スープ。冷たいものの後に、温かいものを摂りホッとした気分にさせてくれる。
【掲載】2008年8月 【行列】1人 【らーめんの王様】★★★★★
大喜@湯島-とりわんたんめん
 本日は「とりわんたんめん(醤油味)」。期間限定のメニュー。九十九里産の煮干を中心とした魚介のダシと比内鶏などの鶏ガラをふんだんに使った動物系のダシ。それに、日本蕎麦のかえしを応用した醤油ダレを使用している。とりそばを基本ベースにした醤油味版。スープ表面には鶏油(チーユ)が多めに浮かぶ。全体の淡さの中に醤油の味が効いている。やや、油の多さを感じてしまうが、塩梅もほど良く、汁を全部飲み干せる濃度。インパクト系とは対照的に、美味必淡ともいえる味わい。
 麺は、国産とオーストラリア産の小麦粉をブレンドし、モンゴル産かん水を使った自家製麺。太平縮れ麺は手もみが入りねじれている。ピラピラとした舌触りが心地よい。スープの絡みもよくすすり心地が良い。噛むとムチッとした食感で美味しい。チャーシューは、鶏のモモ肉を使ったものが4枚。表面を焼き上げ、炊き上げたもの。薄味だが、鶏の旨味が詰まっている。ワンタンは四角くたたんだものが4個。柚子の欠片が入り、柚子の風味を強調している。皮は中厚。メンマは細切りの薄味で醤油風味。シャキシャキとした食感。1/2の味付け玉子は黄身がゼリー状。他の具は白髪ねぎ、微塵切りのねぎ、小松菜、海苔。
【掲載】2007年7月 【行列】22人 【らーめんの王様】★★★★☆
大喜@湯島-わんたん麺
 本日は「わんたんめん」。淡い中にも、滋味深さ、奥行きを感じさせるのがこのお店のラーメンの特徴。盛り付けは相変わらず、丁寧で美しい。一口スープを飲むと鶏油(チーユ)によるコクと醤油の旨みが口の中に広がる。ところが、その後に浮上してくるはずの魚介の風味や旨みが出てこない。鯖節なり、鰹節の風味が追って出てくるはずなのだが、フラットな感じ。スープが劣化する時間帯でもないし、ブレを出すような技量のなさでもない。

 麺はスープに入れた後のほぐしが十分でなく、麺同士がくっついている。
 類まれなるセンスは、誰しも周知のこと。期待通りであって欲しいと願う。
【掲載】2006年10月 【行列】14人 【らーめんの王様】★★★☆☆
大喜@湯島-わんたんめん
 本日は「わんたんめん」。地鶏の胴ガラと利尻昆布、日本橋中弥商店の宗太鰹とムロアジ節の削り節、銚子の煮干しなどを煮込んで摂る透明感の高い醤油味のスープ。化学調味料は使用せず、タレは昆布醤油を使う。胡椒のピリッとした感じが味を引き締める。塩分は抑えめ。表面に層をなす鶏油(チーユ)はやや多め。コクを引き立てているが、キレを抑えている。はじめは淡くやんわりとした口当たり、後からコクが口の中に広がっていく。

 細麺は3種類の小麦粉とモンゴル産天然カンスイを使用したもので、低温でじっくりと2日間寝かせて熟成させている。コシは弱いがしなやかでスルスルと啜りやすい。細いメンマはたくさん入っていて嬉しい。味付け玉子は黄味が黄味しぐれ状、白味は上品な味が染み込んでいて美味しい。わんたんは皮は厚めのタイプで、餡のジューシー感のある旨味が口の中に広がる。モモ肉のチャーシューは2枚。薄切りではあるが、味わい深い。メニューにある「そば」と「もりそば」の違いは、麺の太さ。つけそばは細麺、もりそばは太麺。

 インパクトよりも毎日食べても飽きない味を追求している。丁寧な仕事と素材の持ち味を最大限に引き出すという完成度の高さは揺ぎ無い。今回は鶏脂の多さと胡椒の存在を意識させられた。淡い味が持ち味ではあるが、心持ち塩加減を強めた方が輪郭がはっきりするように思われる。
【掲載】2005年10月 【行列】10人 【らーめんの王様】★★★★☆
大喜@湯島-とりそば
 本日は「とりそば」。比内地鶏の鶏首とモミジで摂った動物系のダシ、九十九里産マイワシ煮干・銚子産の煮干・利尻昆布・宗田鰹・ムロ鯵などの魚介系のダシを器で併せるWスープ。塩ダレには、「赤穂の天塩」が使われている。
 スープの表面には鶏油が覆い、ゆずの香りが全体を支配している。鶏の旨味と塩の味が味蕾に染み渡り、始めは薄味に感じるが出汁の味が徐々に深まってくる。後味はさっぱりとしている。

 自家製のストレート中細麺は、国産小麦粉とオーストラリア産をブレンドしたものを使用。モンゴル産天然かん水を少なめに用いられている。適度なコシがあり食べ応えもある。蒸した鶏のモモ肉がチャーシューの代わり。鶏肉らしい食感と味わいがあり、スープともマッチしている。細メンマの食感もコリコリとしていて良い。その他の具は、たっぷりと盛られた白髪ネギ、かいわれ大根。半熟の味付け玉子が、デフォルトで半分入っている。

 ご主人は和食出身ということもあり、盛り付けや個々の具への仕事ぶりを見ると随所にそのセンスの良さが見られる。インパクトはないが食べ進むうちにじわじわとその良さが伝わってくる。
【掲載】2003年 【行列】18人 【らーめんの王様】★★★★★
らーめん自由区文京区のラーメン店リスト>大喜@湯島
inserted by FC2 system