本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>さいころ@中野
肉煮干し中華そば さいころ ラーメン遺産 殿堂入りの名店
にくにぼしちゅうかそば さいころ

【所在地】東京都中野区中野2-28-8 1F・2F 【お店の地図】
【電話】03-6304-8902
【定休日】日曜
【営業時間】11:00-23:00
【最寄駅】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

【メニュー】
○中華そば700円、肉煮干し中華そば780円、特製中華そば880円
◎つけめん(小)750円、(中)800円、(大)850円
◎特製つけめん(小)950円、(中)1000円、(大)1050円
◎油そば700円
◇背脂・生卵各50円、半熟味付け玉子・メンマ・のり各100円、チャーシュー250円
□麺大盛100円、メンマごはん200円、豚めし250円、チャーシュー丼350円、焼き餃子350円、しそ餃子380円、他

【限定メニュー(これまでの)】
冷やニボ850円、もつ煮込み味噌中華850円、がばいうまかチャンポン850円、牛と平子の旨味ソバ850円、鶏油魚粉ソバ700円、214中華蕎麦850円、渾身の旨味ソバ1000円、秋刀魚節薫る中華蕎麦850円、冷たい平子の旨みソバ850円、豚鶏煮干ラーメン700円、塩つけめん(小)750円、中華そば味噌700円、ワンタン中華そば880円、ワンタン肉煮干し中華そば960円、もう秋になっちゃった1000円、冷やニボ780円、他。

【系統】肉出汁系東京ラーメン

【お店について】
店主は「鯉谷剛至(こいたに・つよし)」さん。
2002年4月22日、方南町(杉並区)で創業。
2010年2月28日に閉店し、移転。
2010年3月18日、「地雷源 中野本店(中野区)」がグランドオープン。
2011年9月07日、10周年を機にリニューアル。「肉煮干し中華そば さいころ」と改名。
麺は「三河屋製麺」製から、自家製麺に変えた。
内麦(国産)の中力粉(うどん粉)を使う。
その麺に合った新しいラーメン創りの為に、商品全般をリニューアルした。
2015年4月11日から、7時から11時までの時間帯に店名を「バリオ ニボ(Barrio Nibo)」とし、朝メニューを提供(その後中止)。
2015年5月3日より、2階は「RAMEN BURGER TOKYO(ラーメンバーガートーキョー)」となり、2015年8月に移転。
2018年8月1日〜9月中旬まで、店内改装。

フランチャイズ1号店として、「地雷源 勝田店@勝田(茨城県ひたちなか市)」が、2007年3月09日オープン(後に閉店)。
フランチャイズ2号店として、「宝城 イーアスつくば店@研究学園(茨城県つくば市)」が、2008年10月31日オープン(後に閉店)。
支店:「さいころ あきる野店(2012年9月8日オープン)/閉店」。
支店:「さいころ たま館(2012年10月5日)/閉店)」。
支店:「エルドラド@福生(2013年9月21日オープン)/閉店」。
支店:「雷一家 相模原店@上溝(2014年10月13日オープン)/閉店」。
開業支援(プロデュース)「らぁ麺 あんど@三ノ輪(2009年7月/閉店)」。

さいころ@中野-店舗外観
お店の場所は、中野駅南口より「ファミリーロード(中野通りより一本東寄りの道)」を直進すると左手に中野郵便局が見えてくる。
その右向かいの角地に位置する。
以前、「佐世保ラーメン 港」や居酒屋が雑居していた古い建物で、それを改装したもの。

さいころ@中野-店舗外観
黒い外装と電飾の看板が目印。
ネオン管のサインは、地雷源のまま。
店頭に立つ幟が変わったところ。
出入り口は右手側のドア。正面には、サッシ戸がある。

さいころ@中野-店内
ドアを入って右側に券売機があり、正面には2階へと続く階段がある。
左手には厨房と向き合うようにカウンター席が続く。
厨房の奥(大久保通りに面した)の角の小部屋はDJブース。
ここからBGMのモダンジャズを中心とした曲が流されている。

さいころ@中野-店内
1階カウンターは11席。
2階は、「製麺工場JIRAIGEN SYNDICATEジライゲン シンジゲート」。

黒を基調とした店内。床は黒と白の市松模様。カウンターと椅子が床から高めに設置されている。
荷物は天板下のフックに引っ掛ける仕様。
市松模様の床は、方南町時代と同様。
ラーメン類の麺茹でには「テボ(振りザル)」が使われているが、つけ麺には四角い“麺茹で機”が使用されている。
茹で上がった後、レバーを持って半回転させるとシンク(流し)に流れ落ちる合理的な仕組み。
個別に茹でるやり方に比べ、湯切りのスキル(技能・熟練)を必要としない。
そして、1時間で99杯分のつけ麺が提供できる優れもの。

さいころ@中野-店内
卓上には、酢・ラー油・醤油・グリーンペッパーソース(タバスコ)・一味唐辛子などが置かれている。
さいころ@中野-冷やニボ
本日は「冷やニボ」
「キリッと冷えた煮干し出汁に、冷水で締めた自家製平打ち麺。」とのこと。
山葵と味玉付き。
限定メニュー。

そうめん鉢に入れられ、見た目も涼やか。
何度見ても、“ドラえもん”の顔に見えてしまう具の盛り付け方。

先ずはスープを一口。
ふんわりと香る煮干の風味、クリアで雑味の無いすっきりとした醤油味。
冷えていても、しっかりとした煮干し感。
グビグビと飲める穏やかなスープ。

続いて飲むと・・・。
煮干の旨みが凝縮されていて、暑い日でもグイグイ食べさせてくれるパワーに満ち溢れている。
適度な油はコクがあり、塩梅も程良い。
甘み、酸味、苦味は無く、煮干しの旨味をじっくりと味わえる。
途中で山葵を入れると、スッキリとした味わいに変化。
冷たさは程良いが、もっとキンキンに冷されていてもイイかも。

麺は、自家製の中太平打ちストレート麺。
麺は長め。
麺肌はツルっとしていて、スルスルと啜り心地が小気味よい。
滑らかな口当たりと喉越しの良さを感じる。
引っ張っても伸びるしなやかさがあり、ムチッとした食感で適度なコシがある。
小麦の風味が豊かで、噛みしめると甘みも出てくる。

具のチャーシューはモモ肉で、短冊切り。
濃いめの味付で、噛みしめる毎に肉の旨味が感じられる。
味玉は適度な味付けで、黄身がゼリー状で甘くて美味。
メンマは細めで、漬物みたいにコリコリとした食感。
ナルトの細切りは、モッチリとした食感。
他の具は、小ネギ。

【掲載】2018年8月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
inserted by FC2 system