本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド練馬区のラーメン店リスト>麺や河野@中村橋
麺や 河野 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
めんや こうの

【所在地】東京都練馬区中村3-13-10 【お店の地図】
【電話】非公開
【定休日】月曜の夜+火曜
【営業時間】
○11:30-14:00/17:00-21:30
○11:30-14:00(月曜)
【最寄り駅】西武池袋線 中村橋駅 徒歩5分

【メニュー】
○らーめん700円、味玉らーめん820円、ねぎらーめん850円、チャーシューメン1030円
〇塩らーめん700円、塩味玉らーめん820円、塩ねぎらーめん850円、塩チャーシューメン1030円
○R-20指定テキーラを使った塩らーめん930円
◎つけ麺850円
◎油そば700円
◇味玉120円、ねぎ150円、メンマ250円、チャーシュー330円、他
□たまごかけ御飯220円、チャーシュー飯380円、他
※らーめんの麺の量(同一料金):普通150g/中盛200g/大盛250g
※つけ麺の麺の量(同一料金):普通200g/中盛250g/大盛300g

【限定メニュー(これまでの)】
NGR(ネギラーメン・辛さ1/5〜1/2)930円、お好み焼き風まぜそば900円、味噌らーめん850円、鯖節を使った冷やし醤油らーめん850円、ソース焼きソバ680円、カシワ中華そば880円、汁なし担々麺780円、担々麺920円、冷やし担々麺920円、冷やし塩ラーメン740円、冷やし醤油ラーメン780円、板春雨ジャジャ麺930円、シンプル冷やし中華780円、トマトの冷やし中華850円、他。

【系統】鶏魚介手打ち麺系東京ラーメン

【お店について】
2010年3月25日創業。
ご主人の河野三英さんは、「ひるがお」、「麺や 七彩@都立家政(中野区)」の出身。
七彩では1年半ほど在籍し、製麺を担当し、1月に独立。
「七彩から独立して開業した人」の第1号となる。

こちらのお店では、出身店と同様に化学調味料を使用せず、安全な食材を使用している。

出汁は、鶏ガラ・豚足・煮干・鯵節・鯖節・鰹節・昆布などを使用。
醤油ダレは、「弓削田醤油・吟醸純生醤油」・岐阜産たまり醤油「みのび醤油」などをブレンドしたものを使用。
塩ダレは、「ベトナム産カンホアの塩」、「石垣の塩」などをブレンドしたものを使用。

麺は、2階スペースで作る自家製麺。
製麺機を使用せず、水回しから延ばし、手切りまで全て手作業で行う手打ち麺。
小麦粉は、埼玉県産の強力粉「ハナマンテン」と中力粉「茜(特)」をブレンド。
加水率は44%前後。
全行程、6時間程かかる。打った日に提供する。

河野@中村橋-店舗外観
お店は、西武池袋線の「中村橋駅」の改札を出たら、正面の道(中杉通り)を右(鷺宮駅・阿佐ヶ谷駅方面)へ行く。
2つ目の信号(中村西小学校入口交差点)を渡り、左に曲がって直ぐ。
メニューの書かれた「置き看板」と「白い暖簾」が目印。扉は引き戸。

河野@中村橋-店内
引き戸を開けて中に入る。
こじんまりとしているが、整然としていて落ち着いた雰囲気。
カウンター席中程の右手に、小型の券売機が設置されている。
その隣に、冷水器とカラフルなコップが置かれている。
店内のボードには、限定メニューが記されている。

河野@中村橋-店内
厨房の前にカウンター6席。
店主1人で切り盛りをしている。
平ザルを使って麺の湯切りをし、丁寧に調理をしていく。

BGMは店主の好きな「ゆず」の曲。
河野@中村橋-お好み焼き風まぜそば
本日は「お好み焼き風まぜそば」

期間限定メニュー。
油そば、和え麺、まぜそばと称して、多種多様な麺料理が生まれてきた昨今。
その流れの中で生まれた、河野らしい創作麺。
お好み焼きで使われる材料で仕上げた汁なし麺。

タップリの花鰹が盛り付けられ、青海苔も振りかけられている。

河野@中村橋-お好み焼き風まぜそば
麺の上には、キャベツが敷き詰められている。
その上に載ったチャーシューには、ソースとマヨネーズがかけられている。

先ずは麺を引き出し、食す。
麺は、平打ちの縮れ太麺。
麺と生卵があらかじめ和えてある。
手もみが入り、歪な形状。
啜るのが難しいので、口に押し込むようにワッシワッシと食べる。
多加水のもっちりとした食感。

味付は、ソースとマヨネーズなので、もろにお好み焼き味。
ジャンクな味わいは途中で飽きそうなものだが、下に敷かれた生キャベツが救いの神。

具のチャーシューはロース肉で、たくさん入っていて食べ応えあり。

色々アレンジの可能性が無限のまぜそば。
チャレンジ精神に拍手。

【掲載】2016年9月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆ 
inserted by FC2 system